ライダーなりの読書感想文

CBR250RR、ついにRIDEXの表紙を飾る

東本昌平さんの著書『RIDEX』14巻

Sponsored Link

いつかは(RIDEXに)登場すると思っていましたが、まさか表紙を飾るとは思いませんでした。

凄いなぁ、CBR250RR・・・。

Sponsored Link

大人気バイクとしての地位を築いたCBR250RR

東本昌平さんの著書『RIDEX』の14巻を読み終わりました。

いつもながら色んなバイクが登場し、各々のバイク・ライダーおよび周囲の人々の物語を楽しむことができました。

東本昌平さんの著書『RIDEX』の14巻

今回登場したバイクは以下の通りです。

スズキ GS1200SS

ホンダ CBR250RR

ヤマハ YZF-R7

カワサキ Z1000Mk-Ⅱ

ヤマハ RZV500R

スズキ GSX1100S KATANA

カワサキ Z900RS

(どちらかというと)古いバイクが多いですが、それでも『CBR250RR』や『Z900RS』といった最新バイクが登場しているのが印象的です。

特に目を引いたのが、ホンダのCBR250RR

2017年に日本で発売されて以来、バイク雑誌やネットに取り上げられ、今日においても大人気バイクとしてその名を轟かせています。

(書店のバイク雑誌コーナーにて、何回CBR250RRが表紙を飾っているのを見たことでしょうか・・・。)

ホンダのバイクのCBR250RR

現に今でも、バイクの試乗会で(試乗車として)登場するたびに、またたく間に(試乗の)予約が埋まってしまいます。

(そのせいか、試乗しようと思っても試乗できないことが多いです・・。)

車体価格が70万円を(軽く)超えているのに、めちゃくちゃ売れているというのも凄い話ですね。

(ABS付のモデルにいたっては、80万円超えという・・。)

公式サイト:http://www.honda.co.jp/CBR250RR/type/

ホンダのスポーツバイクのCBR250RR

発売当時は

「250ccクラスのバイクが70万円超えって、いくらなんでも高価すぎるのでは?」

と言われていましたが、どうやら杞憂(?)だったようですね。

ちなみに、東本さんも巻末のコメントで

とっても好きなフォルムです。各部のタッチがいい。今の世の中は、こんなスゴいバイク作っちゃうんだなァ・・・・・・。欲しいっス!(190ページ)

と大絶賛しています(笑)

凄いなぁ、CBR250RR。

いや、本当に。

冗談抜きで。

2017年全日本ロードレース最終戦開催時の鈴鹿サーキットに展示されていたCBR250RR

Z900RS、良いバイクですよ

それと個人的に印象に残ったのが、カワサキのZ900RS

今巻(14巻)で登場したバイクの中では一番新しいバイクです。

カワサキのバイクのZ900RS

このバイク、本当に良いバイクだと思います。

(バイク屋さんのお話によると、よく売れているそうです。)

カワサキのバイクのZ900RS

私も『大阪モーターサイクルショー2018』で試乗しましたが、「これだけ良いバイクだったら売れるよなぁ・・」と納得してしまいました(笑)

(Z900RSに試乗した感想を書いた記事があるので、こちらもご覧ください。)

『カワサキ Z900RS』に試乗しました

自分が乗ったことがあるバイクが登場していたら(ましてやそれが、好印象を抱いているバイクならなおさらのこと)妙にテンションが上がってしまうものです。

巻末のコメントでも絶賛(?)されています(笑)

コイツはまったく別物。ノスタルジーなんか、吹き飛んでしまう。荷重をガンガンかけて走りましょう。楽しくて距離を忘れてしまう。(191ページ)

大阪モーターサイクルショー2018の試乗車として用意されていたカワサキのバイクのZ900RS

二歩先を見る、危険予知を怠らない

以上、東本昌平さんの著書『RIDEX』の14巻の感想でした。

『CBR250RR』『Z900RS』のみならず、他のバイクが登場する話でも【各々のバイク】および【バイクのある暮らし】の魅力が存分に引き出されていました。

(RZV500Rに乗っている人(67歳)、めちゃくちゃ元気ですね・・。)

あと、今巻は(他の巻と比べると)何かとトラブル(?)の描写が多かったように思います。

道路に砂が撒いてあり、タイヤが滑って危うく転倒しそうになる

白バイ2台に追いかけられる

白バイが職場に来る(人違い)

これらは現実の世界でも起こり得ることです。

(白バイが職場に来ることは滅多にない・・・はず。)

人のふり見て我がふり直せ』とはよく言ったもので、他人の事例から学べることもあるはずです。

あなたも、バイク(というか、乗り物全般)に乗るときは気を抜かないでくださいね。

Sponsored Link