バイク選び

免許取り立ての初心者に125cc(原付二種)のバイクをオススメする理由

ホンダ バイク CB125R 2018 ホワイト ハンドルに手を掛けている人

Sponsored Link

こんにちは、あおぶさ(@aonohayabusa)です。

近年のバイクは著しく進歩しており、どの排気量のバイクも乗りやすくなっています。

そのせいなのか、「最近のバイクはどれも乗りやすいから大丈夫!」みたいなことを言う人が多く、それを真に受けて(公道を走ったことがないのに)いきなり速いバイクを買っちゃう人もいます。

「乗りやすい」という意見はあくまで「バイクに慣れている人」の意見であり、それが免許取り立ての初心者にも当てはまるとは限らないんですよね。

カワサキ リッターSS ZX-10R SE 大阪モーターサイクルショー2018

もちろん、どんなバイクに乗るかは自由ですし、個人の選択にどうこう言うつもりはありません。

ですが、中には「大きくて重いバイク(しかも速い!)は怖い・・・」という人も少なからずいます。

そうでなくても恐怖を抱えながら公道を走るのは楽しくないし、何より危ないですからね。

新潟県上越市の道路の国道8号線のコーナーに設置されている看板

初めて公道を走るなら、125ccクラス(原付二種)のバイクがオススメです。

今回は、免許取り立ての初心者に125ccクラスのバイクをオススメする理由を書いてみようと思います。

特に、

・自動二輪の免許を取り立ての人

・バイク選びで迷っている人

・これから公道デビューしようとしている人

・いきなり中型や大型に乗るのは怖いという人

の参考になれば幸いです。

ぜひ読んでみてくださいね。

Sponsored Link

車体が小さい、軽い

中型・大型バイクは速いですが、車体が大きくて重いです。

車体が大きくて重いバイクは取り回しに苦労します。

乗る人の体格にもよりますが、それでも200kg前後のバイクを押し引きするのはそんなに簡単ではありませんね。

あおぶさ
あおぶさ
参考までに、スズキ 隼は重量266kgあるよ・・・
スズキのメガスポーツバイクの隼

ですが、125ccクラスのバイクは、総じて車体が小さくて軽いです。

中型・大型バイクに乗ったあとに125ccクラスのバイクを押し引きしてみると、125cc以下のバイクは取り回しが(ものすごく)ラクであることに気づきます。

もし試乗会で中型・大型バイクに乗ったら、そのあとに125ccクラスのバイクを押し引きしてみてください。

おそらく、125ccクラスのバイクのラクさがよく分かると思いますよ(笑)

あおぶさ
あおぶさ
125ccクラスのバイクはどれも軽いけど、特にスズキ GSX-R125はすごかった・・・
スズキのスポーツバイクのGSX-R125

車体が小さくて軽いと「取り回しがラク」「駐輪場(または駐車場)に停めるのがラク」「立ちゴケのリスクが低い」というメリットがあります。

大きくて重いバイクだとこれが難しく、人によっては度重なる立ちゴケで心が折れてしまう人も珍しくありません。

そうならないためにも、まずは125ccクラスのバイクで「バイクの基本」を学びましょう。

あおぶさ
あおぶさ
いきなり大型二輪を買ったはいいけど、押し引きで「こんなはずでは・・・」と後悔する人(特にリターンライダーに多い)も少なからず存在する。

そう考えると、「一人で押し引き・引き起こしができるか?」もバイク選びの基準になるね

十分速い

「125ccクラス(原付二種)は遅いからイヤだ」と言う人がときどきいます。

ですが、本当にそうなのでしょうか。

確かに、125ccクラスのバイクは中型・大型バイクほど速くありません。

ですが、それはあくまで「中型・大型バイクと比較した場合」の話です。

道の駅の駐車場に停まっているホンダのバイクのクロスカブとスズキのメガスポーツバイクの隼

125ccクラスのバイクは十分速いです。

どれくらい速いかというと、道を走っている車の流れに乗れるほどです。

車と同じ速さで走れるバイクが、はたして遅いと言えるのでしょうか。

あおぶさ
あおぶさ
それだけ速ければ十分だと思うけど・・

そうでなくても、免許取り立ての人はバイクおよび公道に慣れるのが先です。

速さがどうこうとかいう話は、125ccクラスのバイクに慣れてからにしましょう。

もっとも、125ccクラスのバイクで満足できるならそれに越したことはないのですが・・。

保険料が安い

125ccクラスのバイクは(中型・大型バイクと比較すると)保険料が安いです。

これは非常にありがたいです。

公道を走るのに必要とはいえ、保険の掛け金や自動車税は安いに越したことはありませんからね。

(当たり前ですが、無保険で走ったらダメですよ。)

あおぶさ
あおぶさ
ときどき「お金がないから保険に入らない」とかトンチンカンなことを言う人がいるけど、保険の掛け金すら払えないならバイクに乗ってる場合じゃないって・・

また、125ccクラスのバイクはファミリーバイク特約が使えます。

ファミリーバイク特約・・自動車や大型二輪を所有している場合、『月々の任意保険料+1,000円』で、125cc以下のバイク(原動機付自転車)使用中に生じた事故を補償する特約のこと

ちなみに、あなた自身が自動車や大型二輪を所有している必要はありません。

同居の親族の方が自動車や大型二輪を所有している場合でもファミリーバイク特約を使えます

(もちろん、あなた(または同居の親族)が車やバイクを所有していても使えます。)

月+1,000円で補償が受けられるのですから、迷わず使いましょう。

あおぶさ
あおぶさ
ファミリーバイク特約が使えるからなのか、125ccクラスは中型・大型に乗っている人のセカンドバイクになっていることが多い。

まあ、1台じゃ満足できなかったんだろうね・・・(笑)

Sponsored Link


車検がないことはメリットではない

さて、ここまで125ccクラスのメリットを・・・って、え?

「車検がない」というメリットはどうしたかって?

いや、それメリットじゃありません。

個人的には「車検がないことは、むしろデメリットなのでは?」と思っています。

カワサキの125ccクラスのバイクのZ125Pro

あなたもご存知の通り、バイクをはじめとする乗り物は整備が必要です。

つまり私たちは、日ごろからバイクを掃除する必要があるし、交換時期が来ている部品は交換しなければならないわけですね。

とはいえ、私たちは本職(バイク屋さん)ほどの知識・技術があるわけではありませんし、ひょっとしたら見落としていることだってあるかもしれません。

バイク ドライブスプロケット 部品 摩耗

そこで車検があると、バイクを診る機会が(ライダーの意思とは関係なく)訪れるわけです。

ですが、これは言い方を変えると「定期的にバイクを診るチャンスがあるし、おかしい箇所があっても気づける」ということですよね。

つまり、(整備不良が原因で)事故が起こる前におかしい箇所を直せるのです。

スリップサインが出ているDUNLOPのタイヤ_D605F

ところが、日本では250cc以下のバイクには車検がありません。

ということは、車検がないバイクはおかしい箇所があってもスルーされちゃうかもしれないということです。

これって怖いことですよね。

バイクのフロントフォークのインナーパイプが錆びている様子

さて、ここで問題なのは「免許取り立ての初心者が、バイクの不調に気づけるか?」ということです。

もちろん、気づけるのなら何も問題はありません。

仮に気づけなかったとしても、事故る前に誰かが指摘してくれればいいんですから。

ですが、もし誰も指摘してくれなかったら?

指摘してくれる人がいなかったら?

というかそれ以前に、ロクに整備せずにバイクに乗るようなライダーだったら?

バイクのチェーンが錆びている様子

・・そう考えると、車検がないのも考えものですよね。

いつ事故るか分からないようなバイクで公道を走り、挙句の果てに事故って周りを巻き込むのは勘弁してほしいものです。

いや、ホントに。

バイクのチェーンとディスクローターが錆びている様子

早い話、「ちゃんとバイクを整備してね」ってことですね。

ところが、いまだに「車検がない=整備しなくてもいい」と勘違いしている人が多いようで、明らかにノーメンテナンスのバイクをよく見かけます。

そういう事情からも、車検がないことをメリットとして挙げるのはいかがなものかと思っちゃうんですよね。

もっとも、私がこんな(至極当たり前の)ことを言わなくても、あなたはマメに整備すると思いますが・・。

あおぶさ
あおぶさ
まずは「カスタム虎の穴2 vol.1」読んでみない?

スリップオンマフラーやフェンダーレスキット付けるのは、この本読んでからでも遅くないよ

Sponsored Link


遠くに行かないなら125ccクラスで十分

以上、免許取り立ての人に125ccクラスのバイクをオススメする理由を書いてみました。

まとめてみると

・車体が小さくて軽い

・十分速い(車と同じくらい速い)

・保険料が安い(ファミリーバイク特約も使える)

といった感じで、125ccクラスのバイクは「バイクの基本」を学ぶのに打ってつけだといえます。

(中には、ホンダ CB125Rのように玄人が好みそうなバイクも存在しますが。)

ホンダ バイク CB125R 2018 ホワイト ハンドルに手を掛けている人

ただ、125ccクラスのバイクも万能かというとそうではありません。

「高速道路を走れない」「トルクがない(坂道を上るときは苦戦する)」「長距離ツーリングはキツい」という短所も存在します。

ですが、

・そもそも高速道路を走る機会が無い

・坂が多い道を走ることが少ない

・長距離ツーリングに行く機会が少ない

というのであれば、125ccクラスで十分なのではないでしょうか。

最初の方でも言いましたが、近年の125ccクラスのバイクは(もちろん他の排気量のバイクも)性能が上がっていますからね。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

根も葉もないことを言ってしまうと、遠くに行く機会が少ない(または無い)のであれば125ccクラスで十分です。

125ccクラスのバイクでも「バイクの楽しさ」を味わうことはできますし、「自分は何に楽しみを見出すのか」は人それぞれですからね。

まあ、至極当たり前の話なのですが。

あおぶさ
あおぶさ
排気量マウンティング?スルーすればいいんじゃない?

とはいえ、125ccクラスは長距離・長時間の走行が苦手なのも事実です。

「長距離・長時間走りたい」と思うのであれば、中型・大型バイクを検討した方がいいかもしれませんね。

(125ccクラスは単気筒(シリンダーが1本)のものがほとんどで、単気筒のバイクは振動が大きい。)

あおぶさ
あおぶさ
単気筒のバイクで長時間走っていると手とお尻がしびれてくる・・・

だからといって、いきなり中型・大型バイクを買う必要はありません。

免許取り立てのあなたが真っ先にするべきことは「バイクに慣れること」です。

中型・大型を買うのはそれからでも遅くありませんし、今の時代はレンタルバイクもありますからね。

ここまで何度も言いましたが、まずはバイクに慣れることです。

はじめから中型・大型バイクに乗ることを否定するわけではありませんし、自分が乗りたいバイクに乗るのが一番だという考え方も分かります。

ですが、それでも最初は「扱いやすいバイク」から始めた方がいいと思うんです。

スズキのスポーツバイクのGSX-S125

「扱いづらいバイク」から始めたはいいものの、だんだん楽しくなくなってきて、結果としてバイクそのものが嫌いになってしまったのでは、本当にもったいないです。

ですが、「扱いやすいバイク」から始め、徐々にステップアップできたのであればそういう事態を回避できるのではないでしょうか。

そうでなくても、「扱いづらいバイク」と「扱いやすいバイク」だったら間違いなく後者の方が事故るリスクは低いですからね。

バイクに乗る人を心配する様子

まずは、扱いやすいバイクである125ccクラスから始めてみましょう。

125ccクラスのバイクで「バイクに慣れること」から始めましょう。

それでは、あなたがバイクに楽しさを見出せることを祈って。

関連記事

公道デビュー目前のバイク初心者におすすめの本4選

「お金がないからバイクに乗れない」は本当か?ツーリングの費用を抑える方法を考えてみました

Sponsored Link