イベント

スーパーカブC125を見て思ったこと

ホンダのバイクのスーパーカブC125

Sponsored Link

2018年3月16~17日、第34回大阪モーターサイクルショー2018に行ってきました。

今年はどのブースも賑わいを見せていましたが、特にホンダのブースは凄かったように思います。

大阪モーターサイクルショー2018のホンダのブースの様子

Sponsored Link

遂に姿を現したスーパーカブC125

ホンダのブースには、スーパーカブC125(125ccのカブ)が展示されていました。

ホンダのバイクのスーパーカブC125

全日本ロードレース最終戦に行ったときは肩すかし(?)を喰らいましたが、今回展示されているのは、間違いなく125ccのものです。

ホンダのバイクのスーパーカブC125のスペックが書かれたプレート

間近で観察できるだけではなく、跨ることもできました。

全体的に豪華になっているスーパーカブC125

125ccのカブは(かなり)豪華です。

ホンダのバイクのスーパーカブC125

旧式のカブとは全然違うものになっています。

メーターが液晶パネルになっている

ホイールがキャストホイールになっている

ヘッドライトがLEDになっている

と挙げたらキリがないのでこの辺にしておきますが、全体的に現代風のバイクになっています。

ホンダのバイクのスーパーカブC125

庶民の足(?)というイメージから一変し、オシャレになって生まれ変わっています。

ホンダのバイクのスーパーカブC125

(もっとも、125ccのカブが普及して数年経ったら、「庶民の足」というイメージが定着するのでしょうけど。)

全体的に125ccクラスのバイクが豪華になっているホンダ

ちなみに、豪華になっているのはカブだけではありません。

他の125cc以下のバイクも豪華になっています。

「モンキー」

ホンダのバイクのモンキー125

「PCX」

ホンダのスクーターのPCX

「クロスカブ」

ホンダのバイクのクロスカブCC110

「CB125R」

ホンダのスポーツバイクのCB125R

Sponsored Link


なんというか、ホンダは125cc以下のバイクに(ものすごい)心血を注いでいるように見えるんですね。

言い方は悪いですが、数年前までのホンダの125cc以下のバイクは「価格は低いけど、質も低い」というものが多かったように思います。

ところが、近年になり、ホンダが発表するバイクは「価格は高いけど、質も高い」というものが多くなってきました。

ホンダのスポーツバイクのCB1000R

特に顕著なのが、125cc以下のものです。

カブもそうですが、モンキーも(ものすごく)豪華になっていますし、他のバイクも安っぽさを感じさせません。

ホンダのバイクのモンキー125

大型バイクで顕著だった「価格も上がったが、質も上がった」という流れは、小型・中型バイクにも及んでいるのかもしれません。

今後、各メーカーも新型の125cc以下のバイクを発表するでしょうけど、そのころには「価格は低いが、質も低い」というバイクは無くなっているかもしれませんね。

関連記事

第34回大阪モーターサイクルショー2018に行ってきました

『スズキ GSX-R125』に試乗しました

『カワサキ Z900RS』に試乗しました

『ヤマハ MT-03』に試乗しました

Sponsored Link