イベント

スズキ GSX-R125 試乗レビュー

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

Sponsored Link

第34回大阪モーターサイクルショー2018にて、バイクの試乗会が催されていました。

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で走るバイク

今回の試乗会で、スズキのスポーツバイク GSX-R125に試乗しましたので、感想を書いてみました。

Sponsored Link

ものすごくスリム、ものすごく足つきが良い

まず、GSX-R125の特徴として挙げられるのは、車体が(ものすごく)スリムなことです。

おそらく、初めてGSX-R125を見たらビックリするのではないでしょうか。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

跨ってみると、さらにそのスリムさを実感できます。

私が日頃の移動手段として乗っている『セロー250(ヤマハのオフロードバイク)』よりもスリムです。

まあ、250ccのオフロードバイクと比較するのもおかしな話かもしれませんが。

ヤマハの250ccオフロードバイクのセロー250

また、足つきも(ものすごく)良好です。

両足がベタッと地面に付き、なおかつ膝を曲げることができます。

(GSX-R125のシート高は785mm。)

※シート高・・シートから地面までの距離

きつい前傾姿勢を強いられない(ポジションが楽)

ポジション(乗車姿勢)も楽です。

セパハン(セパレートハンドル)のバイク特有の「きつい前傾姿勢」を強いられることがありません。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

さすがにバーハン(バーハンドル)のバイクほどではありませんが、それでも他の(セパハンの)バイクと比較すると遥かに楽です。

正直な話、私は戸惑いました。あまりにも楽なので(笑)

Sponsored Link


125ccクラスのバイクとは思えないほど発進が速い

125ccクラスのバイクと聞くと、大抵の人は「速くない」と認識しているのではないでしょうか。

正直に言うと、私もそう思ってました。

ですが、このGSX-R125は別です。

125ccクラスのバイクとは思えないほど発進が速いです。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

セロー250と同じ感覚でクラッチを繋いだらビックリしました。速くて(笑)

125ccクラスのバイクなのに、セロー250よりも軽やかに発進できます。

これには本当に驚きましたね・・。

普通に曲がって、普通に止まる

加速も速いです。

少なくとも、125ccクラスの中では速い方です。

ブレーキの効きも良いです。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

旋回も良好ですが、別段曲がりやすいかというとそうでもありません。

あくまで私の感覚ですが『可もなく不可もなく』といったところでしょうか。

GSX-Rと聞くと、大抵の人は『速くて止まれて曲がれるバイク』を連想するかもしれません。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

ですが、GSX-R125はそこまで曲がりやすいバイクとは思えませんでした。

コーナーに入る前には十分減速しておいた方がよさそうです。

もっとも、これは他のバイクにも言えることなのですが。

そこまで安っぽさを感じさせない

また、各部を観察してみても、安っぽさを感じません。

むしろ、従来の125ccクラスのバイクと比較すると手が込んでいるように見えます。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

あえて気になる点を挙げるのであれば、「フロントフォークが細い」「スプロケットが手抜き」くらいでしょうか。

スズキのスポーツバイクのGSX-S125のフロントフォーク

以前、GSX-S125(GSX-R125のネイキッド版)を見たときも思いましたが、フロントフォークが細いのは気になるところですね。

2017年全日本ロードレース最終戦開催時の鈴鹿サーキットに展示されていたGSX-S125

とはいえ、走りの性能は申し分ありませんし、どうしても気になるのでしたら部品を交換するという手もあります。

※バイク屋さんの話によると、フロントフォークは油圧を調整すればOKだそうですよ。

Sponsored Link


日常の移動手段としても十分使える

以上、スズキ GSX-R125に試乗した感想を書いてみました。

正直な話、GSX-R125は凄いバイクです。

他の125ccクラスのバイクと比較しても、非の打ちどころがありません。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

軽い

コンパクト

スリム

足つきが良い

ポジションが楽

125ccクラスにしては速い

を高い次元で実現させています。

これなら、気軽にどこへでも行けますね。さすがに遠方はキツいかもしれませんが。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

日常の移動手段としても使えそうです。

街中を移動する際、「軽さ」「コンパクトさ」「スリムさ」は大きな利点になりますからね。

また、125ccクラスの特権でもある「ファミリーバイク特約」が使えるのも魅力です。

※ファミリーバイク特約・・自動車や大型二輪を所有している場合、『月々の任意保険料+1,000円』で、125cc以下のバイク(原動機付自転車)使用中に生じた事故を補償する特約。

既に車や大型二輪を所有しているのであれば、迷わず使いましょう。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

それにしても、スズキは凄いバイクを作りましたね。

これからバイクに乗り始める人はもちろんのこと、既にバイクを所有している人にも人気が出そうです。

このバイクでジムカーナに行ったら面白そう・・・。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

Sponsored Link