イベント

ヤマハ MT-03 試乗レビュー

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03

Sponsored Link

第34回大阪モーターサイクルショー2018で催された試乗会に参加してきました。

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03

試乗会にて、ヤマハ MT-03に試乗しましたので感想を書きました。

ぜひご一読を。

Sponsored Link

スリム・軽い・足つきが良い

まず、MT-03の特徴を挙げるとすれば「スリム」なことです。

最近の中型バイクはほとんどがそうなのですが、特に顕著なのがヤマハのMT-03(及び25)です。

(もちろん、YZF-03(及び25)も。)

おそらく、初めてMT-03を見た人はビックリすることでしょう。

あまりにもスリムで(笑)

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03

車重は(おどろくほど)軽いです。

中型バイクの中でもトップクラスの軽さなのではないでしょうか。

後でMT-03のスペックを調べてみたところ、車重は166(kg)でした。

それは軽い筈ですよね、セロー250と36(kg)しか変わらないんですから。

※セロー250・・ヤマハの250ccのオフロードバイク(車重:130(kg))

ヤマハのオフロードバイク セロー250

足つきも良好です。

シート高が低く(780mm)、車体がスリムなので、安心して足を下ろせます。

また、車重が軽いため、重量物を取り扱っているような不安を感じることもありません。

『249cc+71cc』で発進と加速に余裕が生まれる

以前、私は『MT-25の大元のバイク(YZF-R25)』に試乗したことがあります。

※YZF-R25に試乗したときの様子は下記の記事に書いてあります。

ヤマハの250ccスポーツバイクYZF-R25

だから、MT-03に試乗したときは驚きました。

発進と加速がYZF-R25と全然違うのですから。

ヤマハのバイクのMT-25とMT-03とYZF-R25とYZF-R3の比較表

まず、クラッチを繋いで発進するとき、YZF-R25よりも軽やかに発進できます。

次に、直線でアクセルを開けたとき、YZF-R25よりも加速が速いです。

「249cc+71cc」により、発進と加速に余裕が生まれています。

+71ccの差は非常に大きかったのです・・。

曲がりやすい、とにかく曲がりやすい

今回、MT-03に試乗して一番感心したのがこれです。

曲がりやすいです。

とにかく曲がりやすいです。

曲がりたい方向に顔を向けてアクセルを開けるだけでコーナーを曲がれます。

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03

そんなに速度が出ていないというのもあるのでしょうが、それでもこの曲がりやすさは特筆に値します。

(少なくとも、MT-03の前に試乗した『スズキ GSX-R125』『カワサキ Z900RS』と比べると遥かに曲がりやすいです。)

コーナー進入前に十分減速しておけば、難なく曲がることができる筈です。

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03

また、ブレーキも普通に効きます。

余裕を持ってブレーキを掛ければ、減速・停車に四苦八苦することもありません。

メーターが安っぽい・・かな?

MT-03は非常に優秀なバイクです。

走行性能・デザインともに非の打ちどころがありません。

強いて言えば、メーターが(今のバイクにしては)安っぽいことくらいではないでしょうか。

以前、YZF-R25に試乗したときも思ったのですが、走行性能を重視した結果、メーターは手抜きになってしまったのかもしれません。

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03のメーター

とはいえ、情報(速度、エンジンの回転数等)が読み取れないわけではありませんし、何より走っていれば気になりません。(というか、運転中は前を見ましょう!)

あくまで見た目の問題ですから、そこまで気にすることではないと思います。

どうしても気になるなら、社外品に交換するという手もありますが。)

Sponsored Link


MT-03(及びYZF-R3)1台ですべてをこなせる

以上、ヤマハのMT-03に試乗した感想を書きました。

先程も言いましたが、このバイク、非常に優秀です。

ツーリングやワインディングはもちろん、街乗り・通学および通勤・お散歩も難なくこなせるでしょう。

(ただし、2気筒故の振動があるため、長距離・長時間ツーリングはきついかもしれませんね。)

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03のエキパイ

ただ、

「長距離または長時間乗ることが少ない」

「大型バイクのような加速を求めない」

のであれば、MT-03(及びYZF-R3)1台ですべてをこなせるのではないでしょうか。

流石にオフロード走行は厳しいかもしれませんが、オフロード走行をしないのであれば問題ありませんからね。

(さらに言えば、オフロードイベントでは『オフロードバイクのレンタル』を承っている場合があるので、そのときにレンタルすればいいだけの話です。)

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03のエンジン

街中の移動も難なくこなせて、ツーリング・ワインディングもできる。

実は、MT-03(及びYZF-R3)って、超高性能バイクだったりするんですね。

(むしろ、曲がりくねった道では、大型バイクよりも速いかもしれません。

これは隠れた名車になりそうな予感・・。

大阪モーターサイクルショー2018の試乗会で用意されたヤマハのスポーツバイクのMT-03

関連記事

『スズキ GSX-R125』に試乗しました

『カワサキ Z900RS』に試乗しました

「250は点検整備をしないでいい」は本当か?バイク初心者に250ccクラスをおすすめできない理由

「お金がないからバイクに乗れない」は本当か?ツーリングの費用を抑える方法を考えてみました

Sponsored Link