イベント

ヤマハ YZF-R25 試乗レビュー

ヤマハの250ccスポーツバイクYZF-R25

Sponsored Link

2017年9月18日、愛知県瀬戸市の自動車学校で開催された試乗会に参加しました。

試乗会で、ヤマハの250ccのスポーツバイク YZF-R25に試乗してきました。

ヤマハの250ccスポーツバイクYZF-R25

今回は、YZF-R25に試乗した感想を書いてみようと思います。

・これからバイクに乗り始める人

・YZF-R25に興味がある人

の参考になれば幸いです。

Sponsored Link

車体がとっても細い

まず、YZF-R25は車体がスリムです。

ヤマハの250ccスポーツバイクYZF-R25

タンクも(ビックリするほど)スリムです。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25のタンク

オンロードバイクとは思えないほどスリムです。

オンロードバイク・・舗装路を走ることを前提としたバイクのこと

舗装路

初めて見たとき、『細っ!!』と思ったくらいです。

これはビックリしましたね・・。

オンロードバイクとは思えないほど軽い

車重も軽いです。

それもその筈。

なんと、重量が168kgしかありません。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25

これは、250ccのオンロードバイクにしては軽いです。

ヤマハのオフロードバイク『セロー250』と『38kg』しか差がありません。

(セロー250の車重は130kgです。)

ヤマハのセロー250

オフロードバイク(未舗装路を走れるバイク)と38kgしか差がないんですから、それは軽い筈です・・。

(オフロードバイクは未舗装路(土や泥の上)を走ることを前提としているため、車重が軽いです。)

Sponsored Link


乗車姿勢が楽すぎる

シート高が低いです。(YZF-R25のシート高は780mm。)

シート高・・シートの一番低い部分から地面までの距離

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25

また、ハンドルはセパレートハンドルですが、ハンドルの位置そのものは比較的高いです。

セパレートハンドル・・左右で分割(セパレート)されたハンドル。バーハンドルよりも、ハンドルの位置が低く設定されている。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25のハンドル

ちなみにバーハンドルとは、1本の棒(バー)で構成されたハンドルのことです。

(写真は、ヤマハのオフロードバイク セロー250のものです。)

ヤマハ バイク セロー250 ハンドル

跨ってハンドルに手を添えてみても、乗車姿勢はきつくないです。

というか、めちゃくちゃ楽です。

とても曲がりやすい

実際にコースを走行してみたところ、低速からの発進も難なく出来ます。

直線での加速はマイルドです。

『遅くもなく、速くもない』といったところですね。

非常に扱いやすいエンジンに仕上がっています。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25

また、コーナーも曲がりやすいです。

十分に減速してコーナーに入れば、難なく曲がれます。

これだけ曲がりやすかったらコーナーを曲がるときも苦労しないでしょう。

(サーキット等のコースを走る場合は別でしょうが。)

ちょっと気になったところ①

押し引きは楽ですし、走行性能は良いです。

ですが、気になったところもあります。

メーターが安っぽいです。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25のメーター

メーターは走りには影響しない部分というのは分かるのですが、これはいただけません。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25のメーター

他の部分(エンジン・フレーム・足回り等)の質を落とさずに、決められた価格内に設定するには仕方がなかったのでしょう・・。

ちょっと気になったところ②

これも個人的に気になったところですが、スタンドが払いづらいです。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25のスタンド

ちなみに、他のバイクに試乗した後に、もう一度YZF-R25のスタンドを払ってみたのですが、やっぱり払いづらさを感じます。

(もっとも、スタンドが払いづらいバイクは他にもありますから、一概には言えませんが。)

払いづらいと思うのは私だけなのかもしれませんが、それでも気になります・・。

Sponsored Link


YZF-R25は本当に毎日乗れる

以上、ヤマハの250ccスポーツバイク『YZF-R25』の試乗レビューでした。

YZF-R25には「メーターが安っぽい」「スタンドが払いづらい」といった短所があります。

ですが、バイクとしての出来は良いです。

・非常にスリムな車体

・軽い重量

・楽な乗車姿勢

・扱いやすいエンジン

・よく曲がる

といった長所が短所を相殺しています。

メーカーが『毎日乗れる、スーパーバイク』というコンセプトで発売したバイクですが、本当に日常の移動手段にできるほど乗りやすいです。

また、馴染みのバイク屋さん(YSP)の話によると「このバイクはよく売れているよ」とのことです。

確かに、これだけ乗りやすかったら売れますよね。

これは、ベストセラーになりそう・・というか、既にベストセラーになっています。

ヤマハの250ccスポーツバイク_YZF-R25

関連記事

イトーKTさんの試乗会に行ってきました

『ヤマハ NMAX』に試乗しました

『スズキ GSX250R』に試乗しました

『カワサキ D-TRACKER125』に試乗しました

Sponsored Link