バイク用品

無地のバイク用防水シューズをお探しのあなたへ。ガエルネ ボヤージャーを6ヶ月使った感想

ガエルネのライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』

Sponsored Link

以前まで使っていたライディングシューズがボロボロになってきたので、新しくライディングシューズを購入しました。

今回購入したのは、ガエルネの防水ライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス(VOYAGER GORE-TEX)』という防水ライディングシューズです。

ガエルネの防水ライディングシューズVOYAGERの箱

時が経つのは早いもので、ボヤージャーを購入してから6ヶ月が経過しました。

そこで今回は、ガエルネの防水ライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』のレビューを書いてみようと思います。

・ライディングシューズ選びで悩んでいる

・無地(または落ち着いた雰囲気)のライディングシューズを探している

・ボヤージャー ゴアテックスの使い勝手が知りたい

という人にオススメの内容になっています。

ぜひ読んでみてくださいね。

Sponsored Link

パッと見ではライディングシューズだと分からない

(あなたもうすうす感ずいているかもしれませんが)ライディングシューズって意外と目立ちます。

大抵のライディングシューズは(見た目が明らかに普通の靴と違うので)遠目から見ても結構目立ちます。

(『車から発見されやすい』という意味では、目立つ方がいい場合もあるのですが。)

見る人が見れば「あぁ、ライディングシューズだな・・」と判別できるのではないでしょうか。

(気にしないのであれば、それに越したことはないのですが。)

ガエルネのライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』

ですがボヤージャーは、見た目がその辺にあるスニーカーとほとんど変わりません。

おそらく、よっぽどバイク用品に精通している人でない限り、ライディングシューズだと分からないのではないかと思います。

防水機能が備わっているため、雨の日でも雪の日でも履ける

さらに嬉しいことに、防水機能も備わっています。

日頃バイクに乗っている人にとっては、防水機能は必須です。

というか、防水機能がないと話にならないのではないでしょうか。

(靴や足がびしょ濡れになっても気にしないのであれば、話は別ですが・・・。)

ガエルネのライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』

ちなみに、雨の日や雪の日にボヤージャーを履いても問題ありません。

私は雨の日や雪の日でもボヤージャーを履いてあちこち歩いていますが、水が浸透してきたことは一度もありません。

以前履いていたライディングシューズはちょくちょく水が浸透していたので、「このライディングシューズ、マジですごいな・・」と感心しました。

(もちろん、水の中に足を突っ込んだら浸透すると思いますが、わざとそんなことする人っているんですか?)

【蛍光色】と【灰色】の靴紐が付属している

ボヤージャーには【蛍光色】と【灰色】の靴紐が付属しています。

ちなみに、箱から取り出したときは蛍光色の靴紐が付いています。

ガエルネの防水ライディングシューズVOYAGER

公式サイト(および通販サイト)の写真では灰色の靴紐が付いてたので、「あれっ?靴紐の色が違う・・!?」と一瞬焦りましたが、ご安心を。

ちゃんと灰色の靴紐も付属しています。

ガエルネの防水ライディングシューズVOYAGERの靴ひも

なので、『ボヤージャー = 灰色の靴紐が付いている』と思っている人もご安心を。

靴紐を交換すれば、公式サイトや通販サイトの写真通りの姿になります(笑)

ガエルネのライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』

Sponsored Link


履き心地がよい

靴は慎重に選ぶ必要がある

実際に履いて歩いてみたところ、履き心地は良いです。

むしろ、その辺にある靴よりも良好だといえます。

ガエルネの防水ライディングシューズVOYAGER

実は私、靴底が硬い靴で歩き続けると膝が痛くなっちゃうんですよ。

それ故に、ライディングシューズをはじめとする靴は慎重に選んでいます。

ガエルネのライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』

今回、ボヤージャーを選んだのは大正解でした。

1時間どころか何時間歩いても膝が痛くなりません。これは本当にありがたいですね。

インテックス大阪やヘルシンキ市内を歩き回っても大丈夫!

そのおかげで、大阪モーターサイクルショーの会場(インテックス大阪)を1日中歩き回ることができました。

インテックス大阪 インテックス大阪のBMWのブース インテックス大阪のスズキのブース

フィンランドの首都のヘルシンキ市内を歩き回ることができました。

ヘルシンキ市内の道路 ヘルシンキ市内の道路 ヘルシンキ市内の道路

(少々大げさですが)それができたのもボヤージャーのおかげだとも言えるかもしれませんね。

素晴らしいことですよ、膝の痛みを気にせず歩き続けることができるのは。

ガエルネのライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』

Sponsored Link


ちょっと気になったところ

日常での使い勝手に関しては言うことはありません。

ただ、バイクのギア操作が少しやりづらいかなぁ・・とは思います。

そのせいか、ボヤージャーを履き始めて間もないころはギアチェンジ(シフトアップ)に少し違和感を感じたこともありました。

(それまでは(バイクに乗るときに)レーシングブーツを履いていたせいでもあるかもしれませんが。)

前に使っていたライディングシューズ(エルフのもの)やレーシングブーツと比較すると、操作性はそこまで良いとは思えませんでした。

ガエルネの防水ライディングシューズVOYAGER

とはいっても、あくまで『少しシフトアップしづらい・・・かな?』くらいのレベルです。

それも、1~2ヶ月ほど使っていると気にならなくなります。

6ヶ月経った今では、何の違和感もなくバイクに乗っています。

というか、そもそもレーシングブーツと比較してどうすんのよって話なんですけどね(笑)

バイク用のレーシングブーツ

余談ですが、私が使っているレーシングブーツはガエルネ製です。

さらに、オフロードブーツもガエルネ製です。

ガエルネのブーツおよびシューズはホントにおすすめです。

価格も国産のものと大して変わりませんので、興味のある人は調べてみてくださいね。

ガエルネのオフロードブーツのED-Pro

ガエルネ公式サイト:製品ラインアップ

Sponsored Link


相変わらず上出来なガエルネ製シューズ

以上、ガエルネの防水ライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス(VOYAGER GORE-TEX)』のレビューを書いてみました。

ボヤージャーの特徴をまとめてみると

・ロゴやマークがないため、パッと見ではライディングシューズだと分からない(目立たない)

・防水機能が備わっているため、雨の日でも雪の日でも履ける(水が浸透しない)

・二種類の靴紐(蛍光色と灰色)が付属しているため、靴紐を好みで選ぶことができる

・履き心地が良いため、バイクから降りて歩き続けても苦にならない

・最初の方は少しシフトアップがやりづらいように感じるかもしれないが、使っているうちに気にならなくなる

といった感じになります。

なんというか、ものすごく使い勝手が良いライディングシューズですね。

バイクに乗るときだけではなく、日常でもここまで活躍するライディングシューズってそんなにない気がします。

ガエルネのライディングシューズ『ボヤージャー ゴアテックス』

無地のライディングシューズをお探しでしたら、迷わずこのシューズをおすすめします。

ライディングシューズ選びの際は、ぜひ候補に入れてみてくださいね。

Sponsored Link