バイク用品

ツナギ着用時でもスマホや長財布を持ち歩きたいあなたへ。ラフ&ロード J.Wホルスターを使ってみた感想

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

Sponsored Link

バイクに乗るとき、スマホや財布といった小物をしまう場所に困っていませんか?

大抵の場合、ズボンのポケットにしまう人が多いのではないかと思います。

ですが、バイクに乗るとき、ズボンのポケットに物を入れていると、意外とかさばるものです。

(特に、長財布は非常に邪魔・・。)

クシタニのレーシングスーツ

ズボンはまだいいんです、ポケットがあるんですから。

ですが、ツナギ(レーシングスーツ)に至っては、そのポケットすらありません。

(当たり前の話かもしれませんが。)

ツナギを着て公道を走る場合、小物を入れるものが必要になりますね。

ポケットが無い服を着てバイクに乗る場合」でも「スリムな小物入れが欲しい場合」でも使えるものがあるのが望ましいです。

Sponsored Link

ラフ&ロードのJ.Wホルスターがオススメ

私が使っているのは、ラフ&ロードの『J.Wホルスター』というものです。

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

裏側はこうなっています。

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

装着するとこんな感じになります。

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

このホルスターの特徴として挙げられるのは、何と言っても(非常に)スリムであることです。

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

当然のことながら(?)、スマホや財布といった小物類は楽々入ります。

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

長財布もスッと入ります。(これは嬉しい!)

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

一見、ちょっとした小物しか入らないホルスターに見えます。

ですが、意外と収納能力は高いです。

水が入ったペットボトル

なんと、ペットボトル(500ml)が入ります。(これにはビックリしました!)

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

あなたも御存知の通り、バイクは(車と比べると)積載能力が低いです。

ペットボトル1本持ち運ぶのも一苦労です。

(パニアケースやツーリングバッグがあれば話は別ですが。)

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

こういうとき、こんなホルスターがあると便利なのではないでしょうか。

ペットボトルや缶を楽々持ち運べるというのは、思いの外快適なものです。

(ちなみに、缶コーヒー(275g)は2本入ります。)

キリンの缶コーヒー_ファイア_香ばしブラック ラフ&ロードのJ.Wホルスター ラフ&ロードのJ.Wホルスター

ちょうど良いコンパクトさ

最初の方でも言いましたが、このJ.Wホルスターは非常にスリムです。

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

スリムなホルスターは、バイクに乗っているとき、操作の妨げになることはありません。

よって、ライダーは走ることに集中できます。

バイクに乗る上で、これは大きな利点になります。

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

このホルスターは欠点らしい欠点が見当たりません。

強いて挙げるのであれば、大物(衣服や一眼レフカメラ等)が入らないことくらいではないでしょうか。

もっとも、元々ホルスター自体が大物を入れるものではないので、気にすることではないと思います。

(というか、大物を入れるのであれば、パニアケースやツーリングバッグを検討した方がいいです。)

カワサキのバイクのNinjaH2SXに装着されたパニアケース

先程も言いましたが、J.Wホルスターは(スリムな割には)物が入ります。

特に、ツナギ(レーシングスーツ)を着用している場合、その恩恵を大きく受けることができます。

ツナギにはポケットがありませんからね(笑)

ラフ&ロードのJ.Wホルスター

スリムなホルスターを探しているのであれば、ラフ&ロードのJ.Wホルスターをおすすめします。

小物をしまう場所に困らないというのは、想像以上に快適なものです。

(長財布を使っている人は特に。)

Sponsored Link