バイク選び

自動二輪免許取得後、もう一度ホンダ CB400に乗って分かったこと

バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック

Sponsored Link

突然ですが、あなたはCB400 SUPER FOUR(スーパーフォア)/SUPER BOLD’OR(スーパーボルドール)をご存知ですか?

CB400(SUPER FOUR/SUPER BOLD’OR)はホンダが販売している中型バイクのことです。

ライダーの腕を問わず、誰でも乗れるほど扱いやすく、その扱いやすさから(市販車仕様のみならず)教習車仕様も存在することで有名なバイクです。

普通自動二輪の教習を受けた(あるいは、現在受けている)人であればお世話になっているはずですが、あなたの場合はどうでしょうか?

バイク ホンダ ネイキッド CB400 SuperFour アトモスフィアブルーメタリック

さて、そんなCB400ですが、自動二輪免許を取得した後もCB400で公道を走る人はそんなに多くありませんし、ひょっとしたらあなたも「CB400で公道を走ったことがない人」の一人なのかもしれません。

というわけではありませんが、今回は「自動二輪免許取得後に、もう一度CB400で公道を走ってみたらどう感じるのか?何が見えるのか?」を書きました。

CB400は扱いやすいバイクです。

それゆえに「バイクの基本」を身に付けるのに最適ですし、はじめてのバイク選びの際に候補として挙げても良いと思います。

免許の取得は「はじまり」に過ぎませんし、教習所と公道はまったく別の世界ですから。

Sponsored Link

まさに「教習車」と言える1台

まず、もう一度CB400に乗って分かったことは「このバイク、公道でも扱いやすいよね」ってことです。

CB400は(近年の中型バイクと比較すると)車体が大きく、中型バイクにしては少々重いです。

ですが、大きさも重さも「それなり」ですので、少なくともリッターバイクほど押し引きには苦労しません。

まさに、バイクの押し引きをはじめとする「バイクの基本」を学ぶのに打ってつけだと言えます。

バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック

バイクの基本を学ぶのであれば、大きさと重さが「それなり」のバイクで学んだ方が無理なく続けられます。

あまりにも軽いバイクだと軽いバイクしか乗れなくなりますし、あまりにも重いバイクだと心が折れてしまいますから。

あおぶさ
あおぶさ
はじめからメガスポーツやツアラーみたいにクソ重いバイクに乗ったら、押し引きで挫折しちゃうかも・・
スズキ メガスポーツバイク 隼 バイクを押し引きする人

CB400はシート高が低く、シートの幅も広くないので足つきは(ものすごく)良好です。

仮に車体がふらついたとしても、咄嗟に足を出して支えることも容易にできます。

さきほど「車体がデカくて重い」と言ったので不安を感じたかもしれませんが、実際に跨ってみるとそこまで不安を感じませんし、それこそ数回乗れば慣れることでしょう。

もっとも、それ以上に大事なのが「運転中は気を抜かないこと」であることは変わりありませんが。

あおぶさ
あおぶさ
地面に足が着いたはいいけど、足が砂や小石で滑ってそのまま・・・なんてこともありますので、停車時は十分お気をつけて・・
バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック スタンド周り

CB400は発進・加速が穏やかです。それゆえに「信号待ちの状態から発進する」「高速道路などで巡航速度を上げる」といったことが難なくこなせます。

それに加えて、四気筒ゆえの「振動の少なさ」「低回転域の粘り」がありますので、長時間走り続けても手やお尻が痺れませんし、峠や海沿いのクネクネ曲がりくねった道でも快適に走れます。

手やお尻が痺れず、街中でも高速道路でも曲がりくねった道でも快適に走れるって、結構スゴいことですよね。

あおぶさ
あおぶさ
これも四気筒ゆえのメリットですね
バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック エキゾーストパイプ

ちなみに、ブレーキの効きに関しても「効き過ぎてガックン!となる」「全然効かないから怖い」なんてことはありません。

なので、「赤信号で停止する」「コーナーに進入する前に減速する」といったフツーのことも難なくこなせます。

もっとも、フツーのことが難なくこなせないと教習車として採用されないわけですが。

あおぶさ
あおぶさ
コーナーは「スローでイン、ファストでアウト」が基本です。コーナーに進入する前にしっかりと減速しておきましょう
速度落とせ コーナーのある道路

Sponsored Link


自動二輪免許取得は「はじまり」に過ぎない

さて、ここまでCB400について大ざっぱに説明しましたが、CB400が「可もなく不可もない、まさに教習車的なバイク」であることは感じ取っていただけたのではないかと思います。

こう言うと「そんなの知ってるよ」「CB400は教習で乗り飽きた」って人が少なからずいます。

まあ、普通自動二輪の教習で何回も乗っていれば、そう思うのも無理からぬことなのかもしれませんね。

あおぶさ
あおぶさ
中には「CB400のことは教習で知り尽くした!」って豪語(?)する人もいましたが・・
バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック リアクッションユニット

ですが、本当にそうなのでしょうか?

申し添えておきますが、教習所と公道ってまったく別の世界ですよ?

教習所は歩行者や自転車やクルマが飛び出してきませんし、道に何も落ちていません。

また、何か間違ったことをしていても指摘してくれる人(指導員)がいますし、仮に転倒しても助けてもらうことだってできます。

教習所 自動車学校のコース

ところが、公道は歩行者や自転車やクルマが飛び出してきますし、道に何が落ちている(施されている)か分かりません。

おまけに、何か間違ったことをしていても誰も指摘してくれませんし、立ちゴケ・走りゴケしても誰も助けてくれません。

さらに付け加えると、教習所にはなかった「見通しの悪い道」「途中で曲率が変わるコーナー」「クネクネと曲がりくねった道」「グルービング工法(縦溝)が施された道」があちこちに存在しますし、それこそ免許取りたてでそんな道を走ったら「え、何これ!??」と思うことでしょう。

あおぶさ
あおぶさ
そんな道の走り方なんて、教習所では教わりませんからね・・
山の中のカーブ 道路

さて、ここまで読み進めてくれたあなたなら「教習所と公道は別の世界」だってことは分かっていただけたかと思いますし、「自動二輪免許取得は、あくまでスタートラインに立ったに過ぎない」ってことも薄々分かっていただけたのではないかと思います。

また、公道という場所でふたたび「バイクの基本」を学ぶ必要があることも同時に理解していただけたのではないかと思います。

そう考えると、扱いにくいバイクでいきなり公道を走るのではなく、それこそ「(件の人に言わせると)飽きるほど乗り慣れたバイク」であるCB400で少しずつ「バイクの基本」を学んだ方が安全なのではないでしょうか。

バイクのラインナップの中には、とても初心者にはおすすめできないバイクもありますし、右も左も分からないのにいきなりそんなバイクに乗っても危ないだけですから。いや、ホントに。

あおぶさ
あおぶさ
おカネさえあれば「誰でも」「どんなバイクでも」買えちゃうってのも考え物ですね・・

Sponsored Link


スタートを切るからこそ「扱いやすいバイク」を

それはまあ、CB400の他にも扱いやすいバイクはありますよ?

そもそもCB400は基本設計が古いし、それこそ色んなバイクがある今の時代に無理してわざわざCB400に乗る必要がないのもたしかですよ?

ですが、だからといってバイク選びの候補から外しちゃうのはもったいないと思いませんか?

今のバイクには「今のバイクなりの良さ」があるように、CB400にも「CB400なりの良さ」があるんですよ?

バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック

「なんで今さら教習車に・・」とか「CB400はフツーすぎてツマラン」とか言って一蹴する人も少なからずいます。

ですが、現行(2020年10月時点)のラインナップには中型の四気筒車がほとんどありませんし、それこそ四気筒車ゆえのメリット(例:振動の少なさ、低回転域の粘り)を味わいたいならCB400をおすすめします。

これもひとえに、CB400で公道を走ったことがあるからこそ言えることだと思うのですが、如何なものでしょうか。

バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック タンク周り

とはいえ、CB400が「(あなたにとって)扱いやすいバイク」なのかどうかは分かりませんし、ここまで話してきたことが(そっくりそのまま)あなたに当てはまるとも限りません。

さきほど、CB400の大きさと重さは「それなり」だと言いましたが、ひょっとしたらあなたからすると「メチャクチャ」なのかもしれませんしね。

あおぶさ
あおぶさ
SUPER FOURとSUPER BOLD’ORは両方とも重量200kg超えですから、人によってはメチャクチャ重く感じるかも・・
バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック SuperFour アトモスフィアブルーメタリック

というわけで、

・これからバイクに乗ろうと思っている

・バイク選びで迷っている

のであれば、実物を見ましょう。

雑誌やネットの記事を読むだけではなく、バイク屋さんやイベントに足を運び、実物を間近で見て、可能であれば跨ったり試乗してみましょう。

他人の言うことを鵜呑みにせず、ちゃんと「自分の視点」でバイクを見ましょう。

それでは、この辺で。

あなたがCB400に乗ろうと、または乗らなかったとしても、あなたにとって最適のバイクが見つかりますように。

バイク ホンダ ネイキッド CB400 SUPERBOL'DOR ダークネスブラックメタリック バイクに跨る人 バイクを眺める人

Sponsored Link