オフロード走行

【はじめての人向け】これだけは取り付けておきたい、オフロードバイクのパーツ4選

カワサキ オフロードバイク KLX125 リアキャリア パニアケース ハンドガード ドリンクホルダー

Sponsored Link

オフロードバイクは未舗装路(アスファルトで舗装されていない道)を走るのに適しているバイクです。

ところが、オフロードバイクは買った直後でも林道やオフロードコースを快適に走れるのかというと、残念なことにそうではありません。

※ここでいう「オフロードバイク」とは、トレール(公道を走れるオフ車)のことを指しています。

カワサキ オフロードバイク トレール KLX250 ファイナルエディション FINAL EDITION

絶対に転ばない、または絶対にケガしないと断言できるなら話は別ですが、「滑る・転ぶ」が当たり前のオフロードでそれらを実現できる人はまずいないでしょう。

いつ滑ったり転んだりするか分からない以上、パーツを付けておくことで「転んだときのダメージ」を最小限に抑える必要があります。

砂利道

そこで今回は、「最低限これだけは付けておかないとマズいでしょ・・」というオフロードバイク用のパーツをピックアップしてみました。

・オフロードバイクに興味がある

・オフロード走行に興味がある

・でも、どんなパーツが必要なのか分からない

という人には特におすすめの内容となっています。

ぜひ読んでみてくださいね。

オフロード走行は「滑る・転ぶ」が当たり前の世界です。

最初からパーツが付いているならまだしも、そうでないなら「自分を守るため」の備えをしておかないと危ないですからね。

Sponsored Link

ハンドガード

オフロードバイクに乗る、いや、オフロード走行をするならハンドガードは必須です。

ハンドガードが無いと、手をケガしますし、レバーが曲がったり折れたりします。

ZETAのハンドガードXC-PRO

さきほども言いましたが、オフロードは「滑る・転ぶ」が当たり前の世界です。

それゆえに、バイクが倒れることは珍しくもなんともありません。

特に慣れていないうちは何度も転びますし、自分が転ばなくても(転倒した)他の人の巻き添えを喰らうなんて日常茶飯事です。

ZETAのハンドガードXC-PRO

・自分の手を守る

・レバーが曲がったり折れないようにする

これらを実現させるためにも、ハンドガードは絶対に付けておいてくださいね。

ハンドガードを付けていなかったばかりに、「手をケガした・・」「レバーが曲がった・・」と後悔しても、もう遅いですから。

あおぶさ
あおぶさ
レバーが曲がると(ものすごく)操作がしづらい・・

リアキャリア

意外に思うかもしれませんが、オフロード走行は持参物が多いです。

工具、水筒、タオル、もしものときのエンジンスターター・・といった具合に、意外と「持っていくモノ」が多いです。

あおぶさ
あおぶさ
ミラーを外しておかないと、転んだときに割れるからね・・
バイクのハンドル付近にあるバックミラーを取り付ける様子

ところが、オフロードバイクはこれらのモノを収納できるスペースがありません。

これだけのモノをリュックに入れて担ぐわけにもいきません(リュックを担いだままバイクに乗っていると肩が痛くなります)し、モノを担いでオフロード走行をするのは危ないのでおすすめできません。

よって、モノを積載するためのリアキャリアが必要になってきます。

セロー250のリアキャリア

もちろん、トランポ(バイクを運ぶためのクルマ)があるなら話は別です。

荷物があっても、クルマの中に置いておけばいいんですからね。

ですが、トランポが無いなら自走するしかありませんし、林道や山の中に走りに行くならなおさらのことリアキャリアが必要になってきます。

トランポ・・トランスポーターの略称のこと。この場合、バイクを運ぶクルマのことを指す

また、リアキャリアがあると(バイクを)押し引きするときに手で掴むことができます。

オフロードバイクであらゆる場所を移動するとき、

「手で掴める箇所が多く、荷物を載せるスペースがある」のと「手で掴める箇所が少なく、荷物を載せるスペースが無い」のでは、どっちが便利なのかは明白ですよね。

オフロードバイク リアキャリアを人間の手で掴む様子

オフロードバイクを日常の移動手段にしている人って、意外と多いです。

トランポを持っていない、または競技をしないのであればリアキャリアがあった方が便利ですよ(というか、無いとメチャクチャ不便)。

ネットフックでバイクのリアシートの上に固定されているリュックサック
あおぶさ
あおぶさ
「トランポ買え!」って言う人がいるけど、それはお金と置き場所がある人の意見なのであって・・(そもそも、ライトユーザーはトランポ買わないって・・)

Sponsored Link


ステップラバー

あなたもお気づきかもしれませんが、オフ車のステップはギザギザです。

オフロードブーツの底についた泥や土を落とすために、オフロードバイクのステップは鋭い突起が付いています。

それゆえに、オフロードブーツ以外の靴でそのまま乗ると、靴底がボロボロになります。

セロー250のステップ

さきほども少し触れましたが、オフロードバイクで一般公道を走ることもあります。

オフ車に乗っていたらいつの間にか靴がボロボロに・・なんてことにならないためにも、ステップラバーを取り付けておきましょう。

セロー250のステップラバー

ステップラバーは、レンチさえあれば簡単に取り外しできます。

なので、

・普段はステップラバーを付けたままにしておく

・オフロード走行をするときはステップラバーを外す

としておけば靴は傷みません。

オフロードバイク ラバーステップ セロー250 ヤマハ オフロードバイク ラバーステップ用のボルト セロー250 ヤマハ

オフ車に乗ってたら靴底がボロボロになってた・・なんてことにならないためにも、ステップラバーを取り付けておいてくださいね。

セロー250のステップラバーの取付

シフトカバー

当たり前の話かもしれませんが、バイク(MT車)は自分でギアを変えながら走ります。

オフロードバイクも例外ではなく(というか、AT車しかありませんが)、走るたびにギアを変えますし、そのためにシフトペダルを操作する必要があります。

セロー250のシフトペダル

あなたもご存じの通り、何回も何回もシフトペダルを操作していると靴が傷んできます。

ですが、シフトペダルを付けておけばダメージを軽減することができます。

バイクのシフトペダル用カバー

もちろんダメージはゼロにはなりませんが、それでも何も付けていないよりはマシです。

特に、

・トランポを持ってない人

・オフロードバイクを日常の移動手段にしている人

にとっては必須になります。

バイクのシフトペダル用カバー

バイクだけではなく、靴も大事にしなければなりません。

もっとも、これはバイク全般にいえることなんですけどね。

バイクのシフトペダルを上げる様子

Sponsored Link


ライフスタイルに合わせたカスタムを

以上、オフロードバイク(トレール)に最低限付けておきたいパーツをピックアップしてみました。

オフロードバイクは「オフロード走行をするバイク」というイメージを抱く人が多いですが、実は意外と何でもできる万能バイクです。

それゆえに、「オフロード走行 + α(アルファ)」という形でオフロードバイクに乗っている人も多いですし、カスタムの仕方も多種多様です。

カワサキ オフロードバイク KLX125 リアキャリア トップケース

さきほど紹介したリアキャリアがあればモノを載せることができます。

ですが、それだけでは物足りずにトップケースを取り付けている人もいます。

また、エンジンガードを取り付けている人もいれば、中にはドリンクホルダー(?)を付けている人もいるわけです。

カワサキ オフロードバイク KLX125 ハンドル メーター ドリンクホルダー

闇雲にパーツを付けたり換えたりすることを推奨するわけではありませんが、

「自分の思い描く生活を実現させるにはどうすればいいのか?」を考えれば、「どんなパーツが必要なのか?」「そもそもカスタム自体が必要なのか?」が見えてきます。

あおぶさ
あおぶさ
何気にヘルメットホルダーは便利・・
オフロードバイク ヤマハ セロー250 ヘルメットホルダー オフロードバイク ヤマハ セロー250 ヘルメットホルダーに引っ掛けられたヘルメット

こんな感じで、固定観念にとらわれずに「あなたの思い描く生活」を実現させてくださいね。

そのためにも、まずはオフロードバイクで走り出してみましょう。

それでは。

カワサキ オフロードバイク KLX125 リアキャリア トップケース ハンドガード ドリンクホルダー バイクに手を伸ばす人

Sponsored Link