オンロード走行

バイクで走るなら断然早朝に乗るべき理由

ホンダ バイク CB1000R 2019年式 ソードシルバーメタリック

Sponsored Link

涼しくてクルマが少ないから。以上。

 

 

 

まあ、いくらなんでもこれで終わらせるのはあんまりですね。

というわけで今回は、早朝に走ることをおすすめする理由を書いてみました。

「昼間はバイクで快適に走れる場所が少ない・・」

「普通のツーリングに飽きてきた・・」

「夏はクソ暑くてバイクに乗れない・・」

という人には、特におすすめです。

ぜひ読んでみてくださいね。

Sponsored Link

涼しい(気温が低い)

早朝は気温が低いです。

特に、夏のように昼間の気温が高い季節は早朝が一番走りやすいです。

夏になると「こんなクソ暑いのに、とてもバイクで走る気にならない・・」という人もいるのではないでしょうか。

そういう人にこそ「気温が低い早朝にサクッと走って、サクッと帰る」をおすすめします。

「気温が高くて消耗する時間帯」と「気温が低くて負担が少ない時間帯」だったら、断然後者の方が走りやすいですからね。

バイク 夏 太陽 暑くて汗をかいている人

クルマが少ない

早朝は起きている人が少ないです。

それゆえに、道路を走っているクルマの数も激減します。

ありていに言うと、道路を走っているクルマは少ないに越したことはないんです。

道路が公共の場所だというのは承知していますが、それでもクルマの数が多すぎるのではないでしょうか。

昼間にバイクで走っていて

・渋滞に巻き込まれて動けなくなった

・駐車場がクルマで埋まっていて、バイクを停める場所が無かった

・クルマが突然飛び出してきて危うく事故りそうになった

・クルマに「あおり運転」をされた

といった目に遭い、うんざりした(または危ない目に遭った)人は、けっして私だけではないでしょうからね。

バイク 車 事故 正面衝突 あおぶさモーターサイクル

もちろん、すべてのドライバーがそうだとは言いませんし、良識のあるドライバーもいます。

ですが、それでも道路を走っているクルマの数は少ないに越したことはありません。

快適に、そして安全に走りたいのであれば、クルマが少ない早朝に走ることをおすすめします。

もっとも、良識のあるドライバーが増え、政府が(公共投資を増やして)交通インフラを整備すれば大きく変わるのですが。

あおぶさ
あおぶさ
「なぜクルマが多いのか?」という背景には「クルマ以外の移動手段がない」という事情がある。本来なら、政府が地方の交通インフラを整備しないとマズいんだけど・・(おカネがない?財政破綻?いつまでそんな嘘ついてんの?)

図12を見れば誰にでも理解できると思うが、白書に「地域経済を下支え」などと書いておきながら、増えているのは「南関東」と「東北」のみだ。

南関東とは、要は首都圏。東北は、もちろん東日本大震災の被災地であろう。

南関東と東北以外の地域は、北海道も北関東も、北陸も中部も、近畿も中国も、四国も九州も、全て1999年水準を下回っており、近年も碌(ろく)に増えていない。

特に酷いのが、四国、中国、そして北陸である。

要するに、全国的な公共投資は増えず、特に「地方」への投資に至っては減少する反対側で、「東京一極集中」を加速する南関東、そして東北被災地への公共投資が増えているだけなのだ。

しかも、東北復興の公共投資は早くも減少に転じたため、今後は縮小する一方だろう。

日本政府は、地方について「選択と集中」をしていることになる。東京圏以外の公共投資については増やす気はなく、実際に増やしていないのである。

それにも関わらず、白書に「公共投資は地域経済を下支え」と堂々と書く。

あまりの欺瞞ぶりに、怒りさえこみあげてくる。

(亡国のメガロポリス 48~49ページ)

Sponsored Link


ネズミ捕り・白バイがいない

昼間は、ある意味クルマよりも怖いものが存在します。

ネズミ捕り・白バイです。

「トンネルを抜けた先」や「林の中」に潜み、突然現れて(そんなもん要らないと言ってるのに)キップを渡してきます。

ひょっとしたら、この記事を読んでいるあなたも過去にキップを切られたことがあるのではないでしょうか。

白バイ仕様のホンダのバイクのCB1300スーパーボルドール

ネズミ捕り・白バイが取り締まりを行っている時間帯は、主に「午前10時30分~午後4時30分」の間です(季節や天候によって前後することもありますが)。

その時間帯から外れればネズミ捕り・白バイに遭遇する確率はグッと下がります。

というわけで、早朝走りましょう。

早朝はネズミ捕りも白バイもいませんので、サクッと走ってサクッと帰りましょう。

※ただし、ごく稀に午前4~5時であるにもかかわらずネズミ捕りをしていることもあるので、早朝でも「トンネルを抜けた先」や「開けた場所(パトカーや速度測定器や長机が置けるほどの場所)」は十分警戒しましょう。

バイク好きの人に遭遇できる

早朝にバイクで走っていると、ごくまれに同志(朝早くからバイクで走っている物好き)に遭遇します。

「こんな時間に走っている人なんていないだろ」と思うかもしれませんが、道の駅や駐車場に行くとバッタリ会うことがあります。

こういう人との会話は弾みます。お互い(わざわざ早朝に走るくらいの)バイク好きですからね(笑)

スズキ バイク カタナ 新型 第35回大阪モーターサイクルショー2019 展示 実車またがり体験

実社会で「共通の話題を持った人」を探すのは意外と大変です。

周りにバイク好きの人たちがいれば話は別ですが、そういう幸運(?)に恵まれている人って果たしてどれだけいるのでしょうか?

ですが、早朝走っているとそういう人と話せることがありますので、よかったら早朝走ってみてはいかがでしょうか。

同じ趣味を持った人との会話って、想像以上に楽しいものですよ。

あおぶさ
あおぶさ
日常生活で「新型のカタナが云々」とかそういう話できる機会ってそんなにないでしょ?
スズキ カタナ バイク GSX1100S 新型

Sponsored Link


まとめ

以上、早朝にバイクで走るメリットを挙げてみました。

早朝は、昼間とは比べものにならないほど快適です。

・涼しい

・クルマが少ない

・ネズミ捕りや白バイがいない

・バイク好きの人と遭遇できる

早朝はこれだけ多くのメリットを享受できます。

ですが、昼間は上記のメリットを享受するのが難しく、特に夏に至っては「無理」だといってもいいでしょう。

夏は気温がメチャクチャ高いし、バイクも高熱を帯びるし、何より乗っている人も消耗します。

クソ暑いのに無理して走って消耗し、フラフラになって気が緩んだ瞬間にバタン・・なんてことになったら本末転倒ですからね。

あおぶさ
あおぶさ
耐久レースしてるわけじゃないんだから、無理しても危ないだけだよ・・
ヤマハ バイク リッターSS YZF-R1 TECH21カラー 2019年鈴鹿8耐

耐久レースに出場するならまだしも、そうでないなら無理して夏の昼間に走ってもロクなことがありません。

そういう理由から、夏こそ早朝に走ることをおすすめします。

それに、秋~春の早朝は、標高の高い場所の路面が凍結していますからね(そんな時期に峠走る人なんていないと思いますが)。

それでは、お気を付けて。

ホンダ バイク CB1000R 2019年 ソードシルバーメタリック バイクを眺める人

Sponsored Link