隼に3年間乗り続けた今だから分かる。隼に乗る前に知っておくべきこと

スズキ メガスポーツバイク 隼 バイクを押し引きする人

Sponsored Link

突然ですが、あなたはスズキのメガスポーツバイク 隼をご存じですか?

スズキ メガスポーツバイク 隼 2014年式 ブルー

カワサキ NinjaH2やヤマハ YZF-R1Mといった新型バイクが次々と登場した今の時代においては、決して最新鋭機とは呼べなくなってしまいました。

ですが、それにも関わらずいまだに高い知名度と人気を誇るバイクです(決して自慢しているわけではありませんが)。

それゆえに、今でも「よし、隼買うぞ!」と意気込む人も多いのではないかと思います。

あおぶさ
あおぶさ
よく「隼か?GSX-R1000か?」で迷っている人がいますね(笑)
スズキのスポーツバイクのGSX-R1000とメガスポーツバイクの隼

「よし、さっそく契約するぞ!」と意気込むのもいいですが、その前に知っておかなければならないことがあります。

そこで今回は、隼に3年間乗り続けて分かったこと、および「隼に乗る前に心得ておきたいこと」を書いてみようと思います。

隼に興味がある人

隼がどんなバイクか知りたい人

「自分はどんなバイクでも乗り続けるから大丈夫!」と思っている人

の参考になれば幸いです。

ぜひ読んでみてくださいね。

買ってから「こんなはずでは・・・」と後悔するのは誰だってイヤなはずですから。

Sponsored Link

重い、とにかく重い

隼に乗るうえで、一番の障害になってくるものは「重さ」です。

隼は重いです、とにかく重いです。

それもそのはず、重量が266kgもあるんですから。

266kgといえば、ホンダ CB400 SuperFour(重量:199kg)よりも67kgも重いことになりますね。

あおぶさ
あおぶさ
CB400 SuperFourは今でも普通自動二輪の教習車として活躍しているね
ホンダのバイクのCB400SuperFour

普通自動二輪の教習でCB400を押し引きしていた人ならCB400 + 67kgがどれだけ重いか?を想像できるのではないでしょうか?

まあ、かくいう私も、普通自動二輪の教習を受けていたころはヒーヒー言いながらCB400を押し引きしていたんですけどね(苦笑)

あおぶさ
あおぶさ
普通自動二輪の教習を受けていたころは「こんな重い鉄の塊でスラロームとかできるのか!?」って思っていたような・・・
バイクの教習科目『スラローム』

ちなみに、ヤマハのオフロードバイク セロー250の重量は130kgです。

ということは、隼はセロー250の2倍以上の重さがあることになりますね。

あおぶさ
あおぶさ
250のオフ車の2倍以上ってどれくらいよ?って思う人は、一度セロー250をはじめとするオフ車に乗ってみれば分かる・・・って、それだと「オフ車めちゃくちゃ軽い!」ってことしか分からないな・・・
ヤマハ オフロードバイク トレール SEROW250 ホワイト 2010年式 ハンドガード バイクに跨る人 バイクを眺める人

ここまで色んなバイクで例えてみましたが、隼がどれだけ重いかは想像できたのではないかと思います。

大事なことなのでもう一度言いますが、隼はとにかく重いバイクです。

それゆえに、隼に乗り始めの頃は駐輪場(または車庫)から出すことすら苦戦します。

まあ、よほどの力持ちなら話は別かもしれませんが、それでもそんな簡単に押し引きできる人って滅多にいないのではないでしょうか・・・。

あおぶさ
あおぶさ
定期的に筋トレや運動をしておけば、隼の押し引きはラクになる。隼に限った話じゃないけど、重いバイクに乗るなら(できるかぎりでいいので)定期的に体を鍛えた方がいいし、そっちの方がマフラーやホイールを交換するよりも(はるかに)コスパがいいよ
スズキ メガスポーツバイク 隼 バイクを押し引きする人

Sponsored Link


一瞬の油断が立ちゴケにつながる

これだけの重量があるバイクになると、一時停止するときも注意が必要になります。

ちなみに、隼のシート高は805mmです。

「シート高805mmは高いか?低いか?」は人によって判断が分かれそうですが、私は(どちらかというと)高い部類なのではないかと思います。

シート高・・地面からシートまでの距離のこと

また、隼は意外と車体がゴツいです。

実際に跨ってみると分かりますが、けっこう幅があります。

そのため、人によっては足つきに不安を感じるかもしれません。

足つき スズキ バイク カタナ 新型 第35回大阪モーターサイクルショー2019 展示 実車またがり体験

・決して低くないシート高

・ゴツい(幅がある)車体

これに加えて

・266kgという重量

があります。

何が言いたいのかというと、隼は(軽いバイクと比較すると)立ちゴケのリスクが高いということです。

それゆえに、「一時停止するとき」「見通しが悪い場所で発進するとき」は一瞬たりとも油断できません。

もっとも、これは隼以外のバイクにも言えることですし、それ以前にロクに安全確認もしないで運転すること自体どうなのよ?って話なんですけどね。

あおぶさ
あおぶさ
そういう人って何に乗っても事故りそうな気がするけど・・

特に、疲れているときは要注意です。

たとえば、信号などで停止しているときに、疲れて集中力が途切れた途端に車体が傾き、そのままバタン・・・なんてことも十分有り得ます。

かくいう私も、過去にそれで(バイクを)倒してしまいましたからね・・(苦笑)

スズキの隼のバックミラーについた立ちゴケ傷

そのとき、「あぁ、スライダー付けててホントによかった・・・」と思ったものです・・・。

スズキ メガスポーツバイク 隼 アグラス レーシングスライダー

ちなみに、「スライダーを付けていないと、どれだけの被害が出るのか?」は以下の記事に書いてあるので、こちらも参考にしてみてくださいね。

軽くて足つきの良いバイクだと(そのときの状況にもよりますが)とっさに車体を支えることができます。

ですが、重くて足つきが悪いバイクだとそれができません。

何度も言ってますが、重くて足つきの悪いバイクは(軽いバイクよりも)立ちゴケのリスクが高いということは頭の片隅に置いといてくださいね。

もっとも、これは隼以外のバイクも同じなんですけどね。

あおぶさ
あおぶさ
隼よりも重くてゴツいバイクはたくさん存在する。ホンダ ゴールドウイングやBMWのバイクに跨ったあとに隼を見ると「あれ?隼ってこんなに小さかったっけ?」と錯覚するかも・・・
BMWmotorrad アドベンチャーバイク R1250GS adventure バイクを眺める人

Sponsored Link


早々に手放すんだったら買わなくてもいいんじゃない?

と、ここまで色々書いてきました。

隼が決してお気楽に乗れるバイクでないことは分かって頂けたと思います。

ですが、せっかく隼を購入したのに(それらのデメリットに耐えかねて)早々に手放してしまう(または他のバイクに乗り換えてしまう)人がいます。

そのせいか(むしろそのおかげで?)、「ほとんど新車と変わらない隼」を中古バイク売り場で見かけることがあります。

まあ、極上の中古車を探している人にとっては嬉しい話なんですけどね。

あおぶさ
あおぶさ
年式の割にはピカピカだし、走行距離も1,000~2,000キロ前後だし・・・新車にこだわらないんだったらこれ買えばいいんじゃない?
スズキのメガスポーツバイクの隼

バイク屋さんの話によると、大半のものが「ほとんど乗らずに売却されたもの」だそうです。

憧れで買ったはいいものの、重さと大きさがイヤになって乗らなくなり、そのまま売却したというパターンでしょうね。

そういう場面に遭遇する度に「隼がかわいそうだなぁ・・」と思ってしまいます。

せっかく買ったのに、ロクに乗りもしないで早々に手放すのはもったいないですよね。

もっとも、これは他のバイクにも言えるし、そういう事態を回避するためにも試乗会で実際に乗ってみるべきなんですけどね。

あおぶさ
あおぶさ
雑誌やネットの記事だけだと漠然としたイメージしか掴めない。買ってから後悔しないためにも、まずは実物に乗ってみよう

あなたは隼、というかバイクに何を求めているのか?

もちろん、健康上の理由などやむを得ない場合もあるので一概には言えないことは分かります。

ですが、すべての人が「本当に」そういった理由で隼(他のバイクもそうですが)を手放しているのでしょうか。

なんというか、「新車とほとんど変わらない中古車」がたくさんある現状を見ると、とてもそう考えられないんですよね。

中古ユーザーは喜ぶかもしれませんが、それでも(ものすごく)もったいないと思ってしまいます。

2017年鈴鹿8耐決勝戦時の駐車場に停まっているバイク-19

思うに、そういう人達は「自分の欲望を知ること」ができていないのではないでしょうか。

もし「自分が真に欲しているもの」を知ったうえでバイクを買ったのであれば、何らかの障害があったとしても早々に手放すことは無いでしょう。

仮に障害にぶち当たったとしても、色々と試行錯誤して克服しようとするはずです。

そう考えると、意気込んでバイクを契約する前に、まずは「自分の欲望を知ること」が先なのではないでしょうか。

バイク ヘルメット オンロード Arai XD SHOEI Z-7 ホワイト カタログを眺める人

もう聞き飽きたかもしれませんが、隼は「重くて大きいバイク」です。

悪いことは言いません。

重くて大きいバイクと付き合っていく気が無いなら、他のバイクにしておきましょう。

お金と時間がもったいないですし、何より隼が気の毒ですから。

憧れで買い物をするのも悪くありませんが、それでもよーく考えるべきです。

もっとも、これはバイクに限った話ではないんですけどね。

バイクにとって純粋に見かけだけの部品は少ない。

大抵、機能がともなう。

例えばマフラーなどは良い例だ。

ホントに見かけだけで済むのか、そのカスタムによって乗り物としてどー変わるのか…

それを考えずにやれば何らかのカタチで裏切られ、時間と金をうんと無駄にすることになるぞ。

(カスタム虎の穴 Vol.1 18ページより)

Sponsored Link


重さと付き合っていけるなら、隼は最良のバイク

ここまで、隼の購入を考えている人に向けて色々と書いてきました。

結局のところ、隼に乗る上で重要になってくるのは「重さと付き合っていけるかどうか」だけです。

言い方を変えると、重ささえクリアしてしまえばずーっと乗り続けることだって可能です(何度も「重さが!重さが!」って言ってるのはそのためです(笑))。

もしあなたが重さと上手く付き合っていけるのであれば、隼は最良のバイクです。

現に、私は3年以上経った今でも乗り続けていますからね。

スズキのバイクの隼が駐車場に停まっている様子

確かに押し引きするときは重さを感じますが、走り出すと(驚くほど)軽いです。

おそらく、初めて隼に乗って走り出したら「軽っ!これ本当に266kgもあるバイクなのか!?軽っ!!」と思うかもしれません。

また、加速が穏やかなのでバイクの基本が身に付いている人であれば難なく馴染めます。

それゆえに、リッタークラスのSS(スーパースポーツ)のようにアクセルを開ける度に神経を擦り減らすこともありません。

あおぶさ
あおぶさ
ぶっちゃけた話、リッターSSって初心者におすすめできないバイクの代表格だと思うんだよね。あんな恐ろしいバイクを「誰でも」乗れるかのように宣伝するのはいかがなものかと思うけど・・・
ホンダ CBR1000RR SP あおぶさモーターサイクル

まとめると、隼は

・走り出したら軽い

・加速は穏やか

・メーターが見やすくて豪華

・どのギアでどの回転域からでも立ち上がれるほどパワフル

・数万km走っても大きな故障がない

・まだまだ部品が生産されているのでずーっと乗り続けることができる

といった特徴を兼ね備えた実は親しみやすいバイクなんです。

ときどき、隼に対して(試乗したことすらないのに)変な偏見を持った人がトンチンカンなことを言ってますがそんなことはありません。

それに、ホントにそんなバイクだったら私は3年以上乗り続けることはできないと思うんですけどね。

あおぶさ
あおぶさ
「知らないあいだに速くなっていく」とか「加速したら人間が吹っ飛ばされる」って、なんだそれ・・・?(笑)

もちろん、アクセルはゆ~っくりと開けてくださいね。

いくら加速が穏やかだといっても、アクセルをガバッ!と開けるのは危険ですよ。

もっとも、これは他のバイクにも言えることですし、それ以前にあなたはそんなことしないと思いますけどね・・・。

あおぶさ
あおぶさ
試乗会でコーナーや歩道に突っ込んでいる人がいるけど、いったいどんな開け方したらそうなるんだろう・・・?

Sponsored Link


人馬一体となってバイクを楽しむ

後は

・減速(ブレーキング)は余裕をもって行う

・コーナーに入る前に十分に減速する

を徹底していれば、難なく乗れます。

これらは公道を走るうえで至極当たり前のことだし、あなたも(おそらく)日ごろから実践していることですよね。

北海道の富良野の道路

先程も言いましたが、重さと上手く付き合っていけるなら隼は最良のバイクです。

仮に体力・筋力に自信が無かったとしても、

・体を鍛える(できるかぎりでもいいので)

・体全体を使って押し引きする

といった一工夫で何とでもなります。

最初は苦戦するかもしれませんが、続けているうちに慣れますよ。

免許取り立ての初心者が隼に乗るのはおすすめ・・しない

ただ、それでも免許取り立ての人がいきなり隼に乗るのはおすすめしません。

何だかんだで重いバイクを押し引きするのは大変だし、それよりも先に「公道での運転」および「バイクの基本」を覚える必要があります。

立ちゴケ・走りゴケの連続は心が折れるし、そんな状態で(ものすごい数の)クルマが行き交う公道を走るのは危ないです。

せっかく隼を買ったのにそれでは本末転倒だし、あなたもそんな目に遭うのはイヤですよね?

バイク 車 事故 正面衝突 あおぶさモーターサイクル

ではどうすればいいのかというと、ミドルクラス(排気量:600~900cc)のように「それなりの大きさと重さがあるバイク」から乗り始めることをおすすめします。

ミドルクラスのバイクはそれなりに大きくて重いですが、それゆえに初心者が「大きくて重いバイクの扱い」を覚えるのに適しています。

別に(隼をはじめとする)大きくて重いバイクに乗る気がないのであれば、小さくて軽いバイクから乗り始めても問題ありません。

ですが、小さくて軽いバイクに慣れすぎてしまうと、大きくて重いバイクに乗り換えたときに(ものすごく)苦戦します。

これだと「こんなはずでは・・・」と後悔するかもしれないし、そんなのあなたもイヤですよね?

スズキ バイク グラディウス ブルー バイクに跨る人 バイクを眺める人

かくいう私も、最初からいきなり隼に乗り始めたわけではなく、ミドルクラスのバイクからスタートしています。

当時は苦戦しながらも600ccのバイクに乗っていたわけですが、ミドルクラスで「バイクの基本」を身につけたからこそ、今こうして隼に乗り続けることができるのかもしれませんね。

あおぶさ
あおぶさ
以前は600ccの四気筒バイクがそれなりにいたんだけど、今ではほとんど見かけなくなったような気がする・・・
ヤマハのバイクのXJ6 DIVERSION F

「急がば回れ」とはよく言ったもので、あえて遠回りをする(当時は隼に乗ると思ってなかったとはいえ)ことも大事だということです。

そういう理由から、「免許を取ったけど、どのバイクに乗ればいいか分からない・・・」という人にはミドルクラスのバイクをおすすめしています。

バイクの基本を覚えるのもそうですが、走り続けているうちに自分の考え方だって変わる可能性だってありますからね。

バイクの用途
あおぶさ
あおぶさ
走り続けているうちに隼に乗る気がなくなったとしても、それはそれで悪くない。「本当は欲しくないもの」にお金と時間を使わずに済むし、何より「自分の欲望」を知ることができたんだからね

バイクだけにすべてを求めるのではなく、自分自身も試行錯誤してみるのは決して楽ではありませんが、こっちの方がバイクをもっと楽しめますよ。

ぜひ試行錯誤しながらバイクを楽しんでくださいね。

それでは、くれぐれも交通事故にはお気を付けて。

スズキ メガスポーツバイク 隼 2014年式

あ、それともう一つ。

大事なことなのでもう一度言っておきますが、隼に乗るならスライダーを付けておくことをオススメします。

以下の記事にも書きましたが、立ちゴケしたときの損害は少ないに越したことはありませんからね。

Sponsored Link