オンロード走行

踏んではいけない!雨の日のバイクを事故らせる怖いもの

Sponsored Link

雨の日は道路上のあらゆるものが凶器に早変わりします。

なぜなら、バイクのタイヤが滑るんですから。

今回は、雨の日にバイクのタイヤを滑らせるものを挙げていこうと思います。

・雨の日もバイクに乗る人

・免許を取って間もない人

におすすめの内容です。

かくいう私も、これらのものを踏んでタイヤが滑ったことが過去にありましたから・・。

Sponsored Link

マンホールの蓋

マンホールの蓋はバイクのタイヤが滑りやすいです。

雨の日に踏んだら、高い確率でタイヤが滑ります。

ですが、マンホールの蓋は大きいので、すぐに発見できます。

常に前方を確認していれば、まず見逃すことはないでしょう。

雨の日の舗装路上にあるマンホールの蓋

ただし、薄暗いとき(早朝・夕方・夜)は要注意です。

マンホールの蓋は暗闇に溶け込みやすい色をしているため、周囲が薄暗くなった途端に発見しづらくなります。

晴れている日はもちろんのこと、雨の日も「二歩先」を見て運転しましょう。

雨が降っているときは、特に発見しづらいです。

雨の日は視界が悪くなるため、常に警戒を怠らないようにしてくださいね。

濡れた落ち葉

踏んだらバイクのタイヤが盛大に滑ります。

濡れた落ち葉は、まさしく凶器と呼ぶにふさわしいでしょう。

道路に落ちている濡れた落ち葉

特に山の中を走るときは要注意です。

コーナーを曲がった先に大量の(濡れた)落ち葉があった・・

なんてことになったら目も当てられません。

また、街の中を走るときも気を抜くことはできません。

街路樹から落ちた葉っぱが、いつの間にか「濡れた落ち葉」という凶器になっていた・・

なんてことはよくあります。

何度も言っていますが、常に「二歩先」を見ることが大事です。

縦溝がある道路

縦溝(グルービング工法)が施された道路はタイヤが滑りやすいです。

グルービング工法・・道路の路面に溝を刻む工法。溝を刻むことで路面に水が溜まりにくくなるため、(降雪時に)路面が凍りにくくなる。

晴れているときでさえタイヤが滑りやすいのに、雨が降ることでさらに滑りやすくなります。

グルービングがある急な左カーブ

車ならまだしも、バイクから見たら何の冗談かと思ってしまいますが、路面に溝が刻まれている以上はどうすることもできません。

スピードを落としてゆっくりと通り過ぎましょう。

(通り過ぎるときは、リアブレーキを(ロックしない程度に)掛けながら走った方がいいかもしれませんね。)

融雪装置

融雪装置もタイヤを滑らせます。

ですが意外なことに、このことを知らない人が多いです。

雨の日の舗装路上にある融雪装置-2

それ故に、雨の日に融雪装置でタイヤを滑らせたことがある人もいるのではないかと思います。

(マンホールの蓋と違って)小さくてなかなか気づかないというのも地味に厄介です。

Sponsored Link


公道とは、怖いものがたくさん落ちている場所

以上、雨の日にバイクのタイヤが滑りやすくなるものを挙げてみました。

今回挙げたものはあくまで一例ですが、他にも

・木の枝

・空き缶

・ペットボトル

・砂

・小石

etc・・・

と、実は公道には恐ろしいものがたくさんあります。

道路に何か落ちているのを発見したら、迷わず避けて下さい。

踏んでもロクな目に遭いませんから。

そうならないためにも、「晴れの日」「雨の日」関係なく『二歩先』を見ることが大事です。

常に心がけておきましょう。

それでは、お気を付けて。

Sponsored Link