オンロード走行

冬眠ライダーはつまらない?道路の雪が融けたときこそバイクに乗るべき理由

Sponsored Link

こんにちは、あおぶさ(@aonohayabusa)です。

雪国に住んでいると、冬が近づくにつれて憂鬱になってきます。

なぜなら、雪のせいでバイクに乗れる日が激減するからです。

あおぶさ
あおぶさ
雪国はアホみたいに雪が降るし、もともとの気温が低いものだから、道路や歩道がスケートリンクみたいにツルツルになることなんて日常茶飯事。
人がいない場所ならまだしも、バイクで道路を走るのはまず無理・・・

ですが、まったく走れないのかというとそうではありません。

いくら冬とはいえ、気温が高くなり道路の雪・氷が融けるときがあります。

(お住まいの地域によっては、まったく融けない場所もあるかもしれませんが。)

新潟県上越市のスキー場のシャルマン火打ち周辺の道路

雪国在住のライダーにとって、これは非常に嬉しいことです。

なぜなら、バイクで走れるのですから(笑)

極端な話、道路が凍っていなければ走れますからね。

あおぶさ
あおぶさ
逆に言うと、凍っている場所は走れないので「走れる場所」「走れない場所」をしっかり見極める必要がある。
冬は「標高の高い場所」や「日陰が多い場所」は凍結しているので、必然的に「標高の低い場所」や「日当たりのいい場所」を選んで走ることになる。
もっとも、冬に峠や山道を走る人なんていないと思うけど・・・

そこで今回は、冬にバイクで走るメリットを書いてみようと思います。

冬にバイクで走るってどうなのよ?」と思っている人にも読んでいただけると幸いです。

ぜひ読んでみてくださいね。

Sponsored Link

車が少ない

あなたも御存知の通り、一般公道は(ものすごい数の)車が走っています。

バイクから見たら、車って怖いですよね。

バイクの倍以上に大きくて重い「鉄の塊」が、数十キロのスピードで動いているんですから。

あおぶさ
あおぶさ
バイクに乗ったことがない人には分からないかもしれないけど、車の近くを走るのってメッチャ怖い。
それにもかかわらず、異様に距離を詰めてきたり、急接近してくる車がホントに多い。
(おそらく)悪気はないのかもしれないけど、あれはホントに勘弁してほしい・・・
石川県の道の駅千枚田ポケットパークの駐車場に停まっている車

ですが、冬になると車の数が少なくなります。

車の数が少ないと、走っているときの安心感が全然違います。

いや、もう全然違いますよ。

これは中々理解してもらえない(特にバイクに乗っていない人には)のですが、一度バイクで公道を走ってみるとよく分かるのではないかと。

エンジンの熱が上がりにくい

冬の風は冷たいです。

特に、バイクで走っていると身を切るような冷たさに襲われます。

ですが、悪いことばかりかというとそうでもありません。

この冷たい風は人間も冷やしますが、バイクのエンジンも冷やします。

エンジンが風で冷やされるので、他の季節よりもオーバーヒートが起こりにくいんです。

オーバーヒート・・・エンジンの熱が上がり過ぎて、エンジンが正常に機能しなくなる状態のこと

この恩恵を最も受けることができるのは、空冷エンジンを載せたバイクです。

(例えば、ヤマハのオフロードバイク_セロー250も空冷エンジンのバイクですよね。)

バイクの空冷エンジン

空冷エンジンは名前の通り、空気(走行風)で冷やしているエンジンです。

水冷エンジン(水で冷やしているエンジン)と比べると構造が簡易でコストが低いのですが、水冷エンジンよりもエンジンの熱が下がりにくいです。

なので、空冷エンジンは(水冷エンジンよりも)オーバーヒートする可能性が高いです。

あおぶさ
あおぶさ
もっとも、普通に乗っている分には滅多にオーバーヒートしないけどね・・・

ですが、冬は風が冷たいのでエンジンがよく冷えます。

つまり、オーバーヒートが起こりにくいます。

そういう理由からなのか、「冬は空冷エンジンに優しい季節」と言う人を時々見掛けます(笑)

まあ、ホントのことなんですけどね。

あおぶさ
あおぶさ
真夏にセロー250に乗り続けていると、まるで火鉢でも抱えて走っているような気分になる。
つまり、メッチャ熱いってこと(笑)
しかし冬にセロー250に乗り続けてもエンジンがそこまで熱くならないため、そんな錯覚(?)に陥ることはないという(笑)

白バイがいない

冬になると白バイがいなくなります。

春~秋(特に交通安全週間中は多い)は色んな場所にいた(潜んでいた)にもかかわらず、冬になると白バイの出現率がガクンと下がります。

冬に取締をするのは(ものすごく)キツいから当たり前なのかもしれませんが。

(冬にバイクで取締をしても「楽に」「安全に」違反金集めはできませんからね。)

建物の陰に隠れている白バイ

また、ネズミ捕りの出現率もガクンと下がります。

事故防止が目的のはずなのですが、冬になると途端に消極的になります。

(だから、「楽に」「安全に」違反金を回収するのが目的なんだってば。)

歩道に立っている人と速度計測器

白バイやネズミ捕りがいるのといないのでは走りやすさが全然違います。

もちろん、日頃から危険な運転をしなければいいのですが、それでもいない方が精神的に楽なのは間違いないですよね(笑)

ただし、気温が高くて天気がいい日は(ごくまれに)交通量の多い道路にいるのでご注意を。

もっとも、冬は路面の温度が低いから否応なしに安全運転になるのですが(苦笑)

あおぶさ
あおぶさ
道路の雪が融けたといっても、冬は気温および路面の温度が低い。(春~秋ほどタイヤがグリップしない。)
冬はスピードを控えめにし、減速・停止するときはリアブレーキも併用しよう

景色が綺麗

冬は景色が綺麗です。

なんというか、春~秋とは違った味があります。

もちろん、春~秋にはそれぞれの良さがあるのですが。

特に、海は綺麗です。

冬の海は、なんとも形容しがたい美しさがあります。

石川県の道の駅千枚田ポケットパークから見える海

最初の方でも少し触れましたが、冬は峠や山道が凍結しています。

それ故に、必然的に海沿いの道を走ることが多くなります。

海沿いの道は日当たりがいいため、冬でも走れる場所が存在します。

もちろん、前日および当日の天候にも左右されるため一概には言えませんが、冬でもバイクで走れる道が存在するのは確かです。

あおぶさ
あおぶさ
ただ、地域によっては海沿いに行くことさえできないかも。
海沿いは凍っていなくても、道中の道が凍っていたら辿り着けないからね。
海沿いに行く際は、「標高の低い場所」や「日当たりのいい道」を選んで走ろう
国道160号線から見える海

とは言ったものの、冬の海の美しさは写真ではイマイチ伝わらないかもしれませんね。

海沿いの道の駅などに立ち寄ったときでもいいので、一度見てみてください。

本当に綺麗ですよ、冬の海は・・・。

あおぶさ
あおぶさ
もし車を持っているなら「(バイクで走りたい道を)車で走ってみる」ことをおすすめする。
実際に道を走ってみることで、道の状態(雪は積もっているか?凍っていないか?)を事前に調査しておこう。
車があると「冬の道探し」に便利(笑)

Sponsored Link


走った後は水洗いをお忘れなく

以上、冬にバイクで走るメリットを書いてみました。

こうして書いてみると、意外とメリットが多いですね。

石川県能美市の道の駅しらやまさんの駐車場から見える白山の様子

極端な話、道が凍っていなければ走れます。

スピードを控えめにし、減速・停止するときはリアブレーキを併用することを心がければ、冬だからといって身構える必要はありません。

もっとも、冬にそんな速く走る人はいないと思いますが。

あおぶさ
あおぶさ
春~秋に比べると、冬は路面の温度が低い。
「ゆっくり走る → 前後のブレーキをジワリと掛ける → ゆっくり走る → ・・・」を繰り返してタイヤを揉みほぐしておこう。
※バイクのタイヤは揉みほぐすと内部から発熱する仕組みになっています
バイクのブレーキレバーを掛ける様子

それと、冬に走った後は必ずしなければならないことがあります。

何か分かります?

冬の国道415号線の様子

バイクや車で冬の道路を走ったことがある人なら見たことがあるはずです。

ほら、足回りに何やら白いものが付着していませんか?

スズキのメガスポーツバイク隼の足回り

この白いものの正体は融雪剤です。

道路の積雪を溶かす目的で撒かれています。

バイクの足回りに付着した融雪剤

冬にバイクで道路を走ると、融雪剤が足回りに付着します。

走った後にバイクを見てみると、いろんな箇所に付着していることに気づくはずです。

バイクのサイレンサーに付着した融雪剤

特に酷いのがリアホイール周りです。

融雪剤だけではなく、砂やチェーンオイルも付着して大変なことになっていますね・・。

意外と見落としやすいのですが、サイレンサーの裏にも付着しています。

冬に走ったら、サイレンサーの裏も覗いてみてください。

びっくりするほど付着していますよ(苦笑)

バイクのサイレンサーに付着した融雪剤

もうお気づきだと思いますが、冬の道路を走った後は融雪剤を水で洗い流す必要があります。

融雪剤をそのまま放置していると、足回りが錆びてしまいます。

(融雪剤は金属を錆びさせます。)

バイクを水洗いしなければいけない場合を書いたメッセージ

めんどくさいと思うかもしれませんが、バイクが錆びてしまうよりは遥かにマシです。

自宅で休憩するのは、足回りに付着した融雪剤を洗い流してからにしましょう。

バイクのサイレンサーに付着した融雪剤を水で洗い流す様子
あおぶさ
あおぶさ
ちなみに、水を掛けるのは足回りだけでOK。
いきなりバイク全体に水を掛けちゃう人がいるけど、水洗いをする前に「丸洗いしなければならないような汚れ方をしているのだろうか?」を考えてみよう。
(この辺のことも含めて、詳しいことは「カスタム虎の穴Ⅱ ていねい整備編 vol.1」に書いてあるから読んでみてね)

水洗いした後は、ウエスで水を拭き取っておきましょう。

サイレンサーやホイールもそうですが、エキパイやディスクローターも忘れず拭いておきましょう。

バイクのエキゾーストパイプに付着した水をウエスで拭く様子

フロントフォークも忘れずに拭いてくださいね。

意外と見落としがちですが、フロントフォークが錆びると大変なことになりますからね。

もちろん、他の箇所が錆びても困るのですが。

バイクのフロントフォークに付着した水をウエスで拭く様子

ただ、走り疲れてどうしても拭き掃除をする体力がない人もいるかもしれませんね。

そういうときは、足回りを水洗いしてフロントフォークを拭いておくだけでも構いません。

最低でも、融雪剤を洗い流すのだけは忘れないでください。

先程も言いましたが、これを忘れると大変なことになりますから・・・。

バイクのホイールとディスクローターが錆びついている様子 バイクのフロントフォークのインナーパイプが錆びている様子

Sponsored Link


防風・防寒対策をお忘れなく

それと、防風・防寒対策を十分に行ってください。

あなたも御存知の通り、冬の風は身を切るほど冷たいです。

特にバイクは車と違って風を遮るものがないので、なおさら冷たく感じます(苦笑)

あおぶさ
あおぶさ
冬に走るときはネックウォーマーは必須。
ユニクロや無印良品のもので十分なので、バイク用に1つ用意しておいた方がいい。
(ちなみに、私が使っているのは無印良品のもの)

他にもヒートテックといった冬の便利アイテム(?)でしっかりと対策を行い、体を冷やさないようにしてくださいね。

それでは、あなたが冬を堪能できることを祈って。

新潟県上越市のスキー場のシャルマン火打ち周辺の道路の脇に停まっているスズキのメガスポーツバイクの隼
あおぶさ
あおぶさ
冬は道の駅のお茶(無料)すら美味しく感じる。
冬の冷風を切り抜けて走った後だと、普段とはまるで別物のように美味しく飲めるから不思議。
ただ、何杯も飲んでるとイヤな顔されるかもしれないので、素直に水筒を持参した方が無難なのは間違いないね・・・
石川県羽咋郡志賀町富来にある道の駅とぎ海街道の食堂にある給水器 湯呑に入った緑茶

関連記事

冬のバイク乗りはすることがない?ライダーが雪の日にできることをまとめてみました

「バイクに乗るお金がない」は本当か?なるべくお金を掛けずにバイクに乗る方法を考えてみました

Sponsored Link