隼のオイル交換の方法

海沿いの道に停まっているスズキのメガスポーツバイクの隼

Sponsored Link

エンジンオイルは3,000キロごとに、オイルフィルターは6,000キロごとに交換しましょう。

バイクのエンジンオイルとオイルフィルターの交換の周期の表

隼のエンジンオイルの量は

・オイルのみ交換のとき → 3.3(リットル)

・オイルフィルターも交換するとき → 3.5(リットル)

と覚えておきましょう。

(私は『3.33.5』と覚えています。)

スズキのメガスポーツバイクの隼のエンジンオイル交換時のオイルの量を記した表

これから隼のオイル交換に挑戦する人」の参考になれば幸いです。

Sponsored Link

用意するもの

以下のものを用意します。

『エンジンオイル』

今回はオイルのみ交換するので、エンジンオイルの量は3.3(リットル)です。

バイクのエンジンオイルがポリタンクに入っている様子

『ガスケット』

ちなみに、写真のものはアルミ製です。(銅製のものでもいいのですが、そこはお好みで。)

バイクのエンジンとドレーンボルトの間に挟むガスケット

『オイル受け用の容器』

廃油入れ用のプラスティック容器

『レンチ』

写真のものはソケットレンチです。

モンキーレンチやメガネレンチでもいいのですが、作業のやり易さを考えると、ソケットレンチの方が望ましいです。

GISUKEのソケットレンチセット

『パーツクリーナー』

パーツクリーナー

『ゴム手袋(薄手のもの)』

薄手のゴム手袋を付けておきましょう。

素手でもできないことはないのですが、手が油だらけになるので・・。

ゴム極薄手袋が入った箱

『布ウエス』

拭き取り用とは別に、白いウエスを用意しておくといいです。

布ウエス

古いオイルを抜き取る

まず、バイクのエンジンを掛け、エンジンを暖めておきます。

(オイル交換を行う前に、その辺をふらっと走ってくるのもいいかもしれません。)

ただ、エンジンを掛けっぱなしにするときは、周りに住宅が無い場所で行いましょう。

住宅地でずーっとエンジンを掛けっぱなしにしておくと、近所迷惑になりますから。

バイクのスタータースイッチを指で押す様子

エンジンが暖まったら、バイクの下にオイル受け用の容器を置きます。

スズキのメガスポーツバイクの隼の下にオイル受け用の容器を置いた様子

次に、ドレーンボルトを外します。

(レンチでドレーンボルトを緩めます。)

バイクのドレーンボルト

モンキーレンチやメガネレンチでもいいのですが、ソケットレンチの方が外しやすいです。

バイクのドレーンボルトをソケットレンチで外す様子

ドレーンボルトを取り外したら、古いオイルを抜き取ります。

オイルが滴らなくなるまで、そのままにしておきましょう。

バイクのエンジンオイルを抜き取る様子

ドレーンボルトを掃除し、ガスケットを交換する

古いオイルを抜き取っている間、取り外したドレーンボルトを掃除しておきます。

バイクのドレーンボルトとガスケット

パーツクリーナーを吹き掛けた後、布ウエスで汚れを拭き取りましょう。

バイクのドレーンボルトにパーツクリーナーを吹き掛ける様子

ドレーンボルトを掃除したら、ガスケットを新しいものと交換しておきます。

バイクのドレーンボルトとガスケットを組み合わせた様子

古いオイルが滴らなくなったら、ドレーンボルト(及びガスケット)を取り付けます。

くれぐれも取り付け忘れが無いようにして下さいね。

(これを忘れると、新しいオイルを入れても全部抜けてしまいますから・・。)

バイクのドレーンボルトをソケットレンチで取り付ける様子

新しいオイルを注ぐ

ドレーンボルトを取り付けたら、オイル注入口のキャップを取り外します。

スズキのメガスポーツバイクの隼のエンジンのオイル注入口 スズキのメガスポーツバイクの隼のエンジンのオイル注入口のキャップを外す様子

キャップを取り外したら、オイル注入口から新しいオイルを注ぎます。

(ドレーンボルトの取り付け忘れはありませんか?)

スズキのメガスポーツバイクの隼のエンジンのオイル注入口からエンジンオイルを注ぐ様子

オイルを注ぎ終わったら、オイル注入口のキャップを取り付けます。

スズキのメガスポーツバイクの隼のエンジンのオイル注入口のキャップを取り付ける様子

オイル漏れが無いか確認する

バイク(正確に言うとエンジン)の真下に白いウエスを敷きます。

バイクのエンジンの真下に敷かれた布ウエス

次に、バイクのエンジンを掛け、オイルをエンジン中に行き渡らせます。

(1~2分程、エンジンを掛けておきます。)

バイクのスタータースイッチを指で押す様子

オイルがエンジン中に行き渡ったら、バイクを垂直にし、オイル点検窓を覗きます。

スズキのメガスポーツバイクの隼のエンジンのオイル点検窓 スズキのメガスポーツバイクの隼のエンジンのオイル点検窓

オイルが『適正範囲内であること』を確認します。

バイクのエンジンの点検窓の簡略図

最後に、バイクの下に敷いたウエスを見て、オイル漏れが無いことを確認します。

(布ウエスにオイルの滴りが無いことを確認する。)

バイクの真下に敷かれた布ウエス

廃油の処理は、なるべく早めに

以上、隼のエンジンオイルの交換方法を書きました。

なお、抜き取った廃油(古いオイル)ですが、なるべく早めに処理した方がいいです。

プラスチックの容器に入った廃油

処理の方法としては

①ガソリンスタンド・バイク屋さんで捨てさせてもらう

②オイルを廃油処理箱に入れ、ゴミの日に捨てる

の二つがありますが、近くにガソリンスタンドやバイク屋さんがあるなら①をおすすめします。

廃油って、できるかぎり自宅に置きたくないんですよね。

臭いから(笑)

「別にオイル臭が漂ってたって気にしないよ」というのであればいいのですが、そうでない場合、さっさと廃油を捨ててきましょう。

家族と同居している場合、

「ねぇ、家中オイルの臭いがするんだけど」

と言われるかもしれませんからね・・。

廃油をプラスチック容器に移しかえる様子

それでは、この辺で。

オイル交換後も、隼の素晴らしい乗り味を堪能して下さいませ。

海沿いの道に停まっているスズキのメガスポーツバイクの隼

Sponsored Link