隼に乗るなら読んでおきたい本3選

スズキのメガスポーツバイクの隼

Sponsored Link

スズキのメガスポーツバイク『隼』、というかバイクに乗るなら最低限の知識は持っておくべきです。

(隼に乗ろうと思っている人は以下の記事も読んでみて下さい。)

隼に乗る前に知っておくべきこと

そのために、まずは本を読んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

カスタム虎の穴Ⅱ ていねい整備編vol.1

バイクは整備が必要な乗り物です。(というか、整備不要の乗り物なんてありませんが。)

そして、整備の基本は清掃です。

まずは清掃の知識を得ることから始めてみましょう。

モーターマガジン社のカスタム虎の穴Ⅱのvol.1

この本は『バイクの清掃・保管』について分かりやすく書かれています。

当たり前の話ですが、バイクは走ったら汚れます。

汚れは早めに落としておくに越したことはありません。

また、中には『即座に落とさなければならないもの』もあります。

それらに関してもこの本に書いてありますので、まずは一読しておきましょう。

バイク(というか乗り物全般)はノーメンテナンスでは危ないんですよ。

ベストライディングの探求

隼はお世辞にも曲がりやすいバイクとはいえません。

少なくとも、SS(スーパースポーツ)のように曲がることはできません。

(隼の話をする際、SSと比較される場面をよく見ますが、そもそもSSと比較すること自体がおかしいのでは・・。)

『減速(ブレーキング)は余裕をもって行う』『コーナーに入る前に十分に減速する』を徹底する必要があります。

ですが、これは隼以外のバイクでも同じです。

どのバイクに乗っていても基本は変わらないんです。

走り出す前に、基本から見直してみてはいかがでしょう。

グランプリ出版のベストライディングの探求

この本は昨今のライテク本と違い、活字が主体になっています。

『イラストや写真が主体になっている方が分かりやすいんじゃない?』と思う人もいるかもしれません。

ですが、活字が主体の本の方が『自分の頭で考える』ことができます。

あらかじめ用意されたものを眺めるより、頭の中でイメージトレーニングした方が上手くなれます。

『提示された解決策をただただ鵜呑みにする』のと『自分なりに理解したうえで解決策を導き出す』のでは大きく違うでしょう?

この本にはそのためのヒントが『懇切丁寧に』書いてありますので、まずは読んでみましょう。

SUZUKI HAYABUSA

タイトルから大体想像できると思いますが、1冊丸々隼のことが書いてあります。

隼の基本スペック・レビューをはじめとして、取り回し・開発に関する話などが書かれています。

また、隼の整備について解説されているページがあるのですが、これは非常に為(ため)になります。

各部ごとに丁寧に解説されているので、隼に興味がある人は読んでおくべきです。

(ひょっとしたら、隼以外のバイクに乗っている人が読んでも参考になるかもしれません。)

このページはモノクロで書かれているのですが、個人的にはこのページをカラーにしてほしかったですね・・。(ムックである以上、仕方のないことなのかもしれませんが。)

※ムック・・雑誌と書籍をあわせた性格を持つ刊行物のこと

エイ出版社のSUZUKI_HAYABUSA

ただ、このムックは数年前に出版されたものなので新書・中古本では中々入手できません。

ですが、電子書籍版が出ているので、kindle等で読むことができます。

まずは知識を得るところから

以上、隼に乗ろうと思っている人におすすめの本を挙げてみました。

他にも色々とあるのですが、今回挙げた本を読んでおけば最低限の知識は得られます。

まずは知識を得ることから始めましょう。

『知っててやらない』のと『知らないから出来ない』は大きく違いますから。

スズキのメガスポーツバイクの隼

Sponsored Link