『隼に乗ったら事故る』と言っているあなたへ

スズキのメガスポーツバイクの隼

Sponsored Link

時々いませんか、こんなこと言っている人。

『隼に乗ったら事故る』

『YZF-R1に乗ったら死ぬ』

こういう人に遭遇するたびに思ってしまいます。

こういう人って、何に乗っても事故るし、何に乗っても死ぬだろうな』と。

Sponsored Link

他のバイクもメッチャ速い(いや、本当に)

確かに、隼やZX-14Rをはじめとするメガスポーツバイク、YZF-R1やGSX-R1000をはじめとするリッターSS(スーパースポーツ)は速いです。

ですが、それはあくまで『他のバイクと比較して』という意味です。

決して、他のバイクが遅いというわけではありません。(当たり前の話ですが。)

他のバイクも十分(というか、とっても)速いです。

鈴鹿サーキットの駐車場に停まっているバイク

言い方を変えると、自制心を保っていれば、排気量を問わず、どんなバイクに乗っても安全ということでです。

もちろん、最低限の技量・知識は必要になってきますが。

危ないのはバイクではなく人間

「隼に乗っています」と言うと、

『えっ、知らない間にどんどん速くなるバイクだろ?そんなものに乗っていて危なくないか?』

『隼!?大丈夫?アクセル開けるたびに吹っ飛ばされないか?』

といった(トンチンカンな)質問を受けることがあります。

スズキのメガスポーツバイクの隼に人が跨っている様子

あなたも御存知だと思いますが、隼はそんなバイクではありません。

よく考えてみて下さい。

本当に隼がそんなバイクだったら、そもそもメーカー(スズキ)は販売するでしょうか。

確かに、隼には「重い」「大きい」といった扱いづらい要素があるのも事実です。

ですが、これは他のバイクにもいえることです。

何も隼だけに当てはまることではないんです。

2017年全日本ロードレース最終戦開催時の鈴鹿サーキットに展示されていたZX-14R
何度も言っていますが、ライダーに「最低限の技量・知識」「自制心」があればどのバイクでも安全に乗れます。

危ないのはバイクではなく、自制心がないライダーの方です。

『○○に乗ったら云々かんぬん・・』とか言っている人は、まずは「自制心を保つ」ことから始めた方がいいのではないでしょうか。

(人によっては「技量・知識の習得」「体力作り」も必要になるかもしれませんね。)

リッターSSだったら反対しますが・・・

とはいえ、免許取り立ての人が隼をはじめとするメガスポーツバイクにいきなり乗るのはオススメできません。

先程も言いましたが、「重い」「大きい」といった扱いづらい要素があるからです。

2017年全日本ロードレース最終戦開催時の鈴鹿サーキットに展示されていたZX-14R

個人的には、ミドルクラスのバイクやそれ以下の排気量のバイクで「バイクの基本」を覚えてからの方がいいと思います。

憧れでバイクを買うことを否定するわけではありませんが、重さや大きさに辟易して手放してしまったのでは本も子もありません。

慣れれば気にならなくなるのですが、そこに辿り着くまでに時間が掛かります。

まずは「バイクの基本」を身に付けましょう。

メガスポーツバイクに乗るのはそれからでも遅くはないですよ。

スズキのメガスポーツバイクの隼のサイドカウルのロゴ
ただ、乗りたくもないバイクに乗ってモチベーションが削がれてしまっては面白くないという気持ちも分かります。

どうしてもメガスポーツバイクに乗りたいというのであれば乗りましょう。

ですが、バイクに慣れていない人がメガスポーツバイクにいきなり乗るのは大変だということは肝に銘じておいて下さい。

「俺/私は大丈夫!」と意気込んで買ったはいいものの、現実と理想のギャップに辟易して早々に手放してしまう人がどれだけ多いことか・・。

そういう事情からか、ほとんど新車と変わらない中古車を(本当に)よく見掛けます。

そうならないためにも

・(常に)危険予知を怠らない

・「バイクの取り回し」「ライディングテクニック」の本を読む

・最低限の体力作りをする

に取り組むことを(強く)おすすめします。

スズキのメガスポーツバイクの隼

また、スライダーの装着は必須です。

メガスポーツバイクに慣れていないと、十中八九転倒(立ちゴケ)します。

転倒時の被害を最小限に抑えるためにも、スライダーを装着しましょう。

(ちなみに隼で立ちゴケした場合、これだけの被害が出ます。)

それでは、お気を付けて。

無理せず、焦らず、捕まらず。

Sponsored Link