バイク選び

バイク2台持ちは無駄?バイク1台持ちでなんとかする方法を考えてみました

Sponsored Link

前回、バイクの複数台(2台以上)持ちに関する記事を書きました。

バイクの2台持ちを5年間続けて分かったこと

私自身が2台のバイクを所有して分かったことなのですが、メリットよりもデメリットの方が多いように思います。

・置き場所に困る

・お金が掛かる

・整備に費やする時間が増える

何だかんだで、2台以上のバイクを所有するのって大変なんです。

バイク1台でなんとかできるのなら、それに越したことはありません。

(引っ越すときも、1台の方が遥かに楽ですからね。)

そこで今回は、バイク1台でなんとかする方法を考えてみました。

これからバイクに乗ろうと思っている人

バイク選びで悩んでいる人

バイクを置く場所に恵まれていない人

できるだけお金を掛けたくないけど、いろんなことをしてみたい人

におすすめの内容です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

①何でも万遍なくこなせるバイク1台を購入する

おそらく、(考え得る中では)一番現実的な方法でしょう。

街乗りからツーリングまで万遍なくこなせるバイクがあれば、他のバイクを用意する必要はありません。

(バイクは趣味嗜好品としての側面もあるのですが、ここでは置いておきます。)

・車重が軽い

・車体がコンパクト

この二つの条件が揃っていれば、大抵のことはできます。

これらのことを踏まえると、【中型】または【ミドルクラス(排気量600~900cc)】のバイクが妥当なのではないでしょうか。

(ロングツーリングに行く機会が少ないのであれば、【125ccクラス】のバイクもいいですね。)

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

とにかく、日常的に乗っても苦にならないバイクがいいです。

近年になり、軽くてコンパクトなバイクが増えてきたので、意外と選択肢は多いです。

実際に(バイクに)跨ったり、試乗することで

『日常的に乗っても苦にならないか』

を確認してみましょう。

(現行のラインナップの中では、ヤマハのMT-03またはYZF-R3がおすすめです。)

『ヤマハ MT-03』に試乗しました

②大型バイクと自転車を使い分ける

とはいえ、「何でも万遍なくこなせるバイクでは満足できない・・」という人もいるかもしれません。

先程も少し触れましたが、バイクには趣味嗜好品としての側面もあるため、そういう気持ちも理解できます。

(利便性だけを追求してしまったら、リッターバイクの出番はなくなってしまいますね・・。)

こういう場合は、『バイクを日常の移動手段に使わない』という手もあります。

鈴鹿サーキットの自転車置き場

日常の移動には【自転車】や【各種交通機関】を使い、それ以外の場面でバイクを使うという方法です。

自転車や各種交通機関は固定費(自動車税・保険の掛け金)が発生しません。

それに、そんなに遠い場所に行かないのであれば自転車で十分なことって結構あるものです。

(近所のコンビニやスーパー程度なら自転車で十分なのではないでしょうか。)

駐輪場に停まっている自転車とバイク

まあ、(苦にならなければ)車体が大きいバイクで移動してもいいんですけどね。

(私個人としては、あまりおすすめしませんが・・。)

③オフロードバイクを購入する

ただ、バイクを日常的に使っていると(当たり前の話ですが)バイクは汚れます。

もしバイクを日常的に使うのであれば、帰宅するたびにこまめに掃除しておく必要があります。

(バイクに限らず、実はこれが本来あるべき姿なのですが。)

バイクのシフトロッドを拭き掃除する様子

とはいえ、(勉強や仕事でクタクタになったあとで)継続的に掃除ができる人というのは滅多にいないのではないかと思います。

そこで、おすすめしたいのが【オフロードバイク】です。

ヤマハのオフロードバイクのセロー250

オフロードバイクは未舗装路(泥道や林道)を走ることを前提に作られたバイクです。

汚れたとしてもそんなに気になりませんし、こまめに掃除しなくても普通に動きます。

また、オフロードバイクは

・車体が軽い

・車体がスリム

・仮に転倒しても大きな損害を被らない

というメリットもあるため、日常の移動手段としても(非常に)優秀です。

ロングツーリングやサーキット走行をする機会が少ないのであれば、オフロードバイクも選択肢に入れてもいいかもしれませんね。

(何時間もオフロードバイクに乗っていると(振動で)手とお尻が痺れてくる・・。)

Sponsored Link


バイクとお金は切り離せない

以上、バイク1台でなんとかする方法を考えてみました。

バイクに限った話ではありませんが、乗り物を所有するとお金が掛かります。

冒頭でも言いましたが、所有するバイクの数は少なければそれに越したことはないんです。

ライダーなら誰しも『バイクの複数台持ち』に憧れると思いますが、それを実現させるためにはお金と時間が必要になってきます。

鈴鹿サーキットの駐車場に停まっているバイク

『自分は何にお金を使うべきなのか』

をよく考え、不要な支出はできるかぎり減らしましょう。

それでは、あなたが無理なくバイクと付き合えることを祈って。

海沿いの道に停まっているスズキのメガスポーツバイクの隼

Sponsored Link