バイク選び

中型・大型バイク所有者のセカンドバイクとして125cc(原付二種)をおすすめする理由

セカンドバイク 125ccクラス 原付二種 おすすめ

Sponsored Link

こんにちは、あおぶさ(@aonohayabusa)です。

バイクっていろんな種類のものがありますよね。

それゆえに、バイクに慣れてきたころに「セカンドバイクがほしいなぁ」と思う人も少なからずいるのではないかと思います。

(もっとも、1台持ちで満足できれば、それに越したことはないのですが・・・。)

北海道の新千歳空港の駐輪場に停まっているバイク

バイクを選ぶ基準は人それぞれですし、個人の選択にどうこう言うつもりもありません。

ですが、セカンドバイクは125ccクラス(原付二種)にすることをおすすめします。

今回は、セカンドバイクとして125ccクラスをおすすめする理由を書いてみようと思います。

・セカンドバイクの購入を検討している人

・気軽に乗れるバイクを探している人

・125cc(原付二種)について知りたい人

の参考になれば幸いです。

ぜひ読んでみてくださいね。

Sponsored Link

小さくて軽い

セカンドバイクの導入を検討しているということは、すでにあなたは中型または大型バイクを所有しているのではないかと思います。(ひょっとしたら小型かもしれませんが。)

おせっかいかもしれませんが、セカンドバイクは小さくて軽いバイクにしておいた方がいいです。

あなたもご存じの通り、中型・大型バイクって大きくて重いです。

ということは、日ごろから大きくて重い物体(バイク)を押し引きしているわけですよね。

スズキのメガスポーツバイクの隼
あおぶさ
あおぶさ
参考までに、スズキ 隼は重量266kg・・・

それなのに、セカンドバイクまで大きくて重いバイクだったらウンザリします。

それに、2台以上の中型・大型バイクって(特に賃貸の場合は)置き場所に困ります。

車庫付きの一軒家ならそこまで困らないんですけど、それでも家族に文句を言われている人も少なからずいるのではないでしょうか。

自転車が停まっている駐輪場

そう考えると、セカンドバイクは小さくて軽いバイクであるに越したことはありません。

そうでなくても、小さくて軽いバイクはものすごく扱いやすいです。

車体が小さくて軽いと、車庫または駐輪場に停めるときもラクですからね。

「30キロ規制」「二段階右折」「二人乗り禁止」が無い

こう言うと、

「小さくて軽いバイクだったら原付一種(排気量50cc以下)でいいんじゃないの?」

と言う人もいるかもしれませんね。

ホンダのバイクのクロスカブ50

ですが、私は原付一種はおすすめしません。

なぜなら、原付一種には「30キロ規制」「二段階右折の実施」「二人乗り禁止」といった規制があるからです。

あなたもご存知の通り、ものすごい数のクルマが行き交っているのが公道という場所です。

そんな恐ろしい場所を「30キロで走れ」だの「交差点で二段階右折しろ」だのって、何の冗談かと思うのですが、残念なことに原付一種にはこんな意味不明な規制があるのは事実です。

あおぶさ
あおぶさ
クルマはすごいスピードで走っているけど、原付一種の加速って想像以上に遅い・・・

クルマの真横を30キロで走ったり、交差点で二段階右折するのって、想像以上に怖いですよ。

「クルマがこっちの存在に気づいてくれるだろ」と言う人がいるかもしれませんが、それは「クルマを信用しすぎ」か「よっぽど交通マナーが良い地域に住んでいる」かのどちらかでしょうね。

もっとも、今の時代そんな人はほとんどいないと思いますが。

あおぶさ
あおぶさ
スマホいじったり雑誌読んだりと、まるで自宅でくつろいでいるかのようにクルマを運転しているドライバーが、ホントに多い。

公道においてクルマは交通強者なのに、自覚を持って運転しているドライバーってほとんどいないのではないだろうか・・・

自動車とバイクと自転車と歩行者で構成された交通強者と交通弱者の関係図 車で道路が渋滞している様子

このように、公道において原付一種は「30キロ規制」「二段階右折の実施」「二人乗り禁止」といった規制でがんじがらめにされてしまいます。

ですが、原付二種(排気量50cc超え~125ccのバイク)は、原付にあるこれらの規制がありません。

つまり、クルマの真横を30キロで走る必要もないし、クルマが行き交う交差点で二段階右折をしなくてもいいわけです。

ヤマハのスクーターのシグナスX

また、(原付一種と違い)二人乗りができるというのも大きな利点です。

原付二種は、(小さくて軽いので)街中の移動手段として活躍することが多いです。

そんなとき、人を後ろに乗せることができると、利便性がさらに向上しますね。

※ただし、二輪免許を取得して1年以上経過していないと後ろに人を乗せて走れないのでご注意を。

Sponsored Link


十分速い

125ccクラスは十分速いです。

クルマの流れに余裕で乗れるし、少なくとも街中を走るうえで困ることはありません。

あおぶさ
あおぶさ
さっきも少し触れたけど、原付だとこうはいかない・・・

こう言うと「中型・大型バイクに比べると遅いし、物足りない」と言う人がいます。

ですが、クルマの流れに乗れるバイクがはたして遅いのでしょうか。

というかそれ以前に、125ccクラス(原付二種)に何を求めてんのよって話ですよね。

あおぶさ
あおぶさ
125ccクラスも十分速いと思うけど・・・
ヤマハのバイク『WR125X』

それに、今の125ccクラスは性能が上がっており、中には「これ本当に原付二種なの?」って思えるものも存在します。

特に近年は各メーカーが125ccクラスに力を入れており、今後もさらに発展する可能性があります。

ひょっとしたら数年後は、125ccクラスが主流になっているかもしれませんね。

まあ、それでも中型・大型を超えることはないと思いますが・・・(笑)

スズキ GSX-R125 2019 バイクにまたがる人

保険料・税金が安い

125ccクラスは、中型・大型バイクと比較すると保険料や税金が安いです。

さらに、125ccクラスは「ファミリーバイク特約」が使えます。

※ファミリーバイク特約・・自動車や大型二輪を所有している場合、『月々の任意保険料+1,000円』で、125cc以下のバイク(原動機付自転車)使用中に生じた事故を補償する特約のこと

「月々+1,000円で保険に入れる」という特権があるのであれば、使わない手はありませんね。

既にクルマやバイクを所有している場合、迷わず使いましょう。

もっとも、セカンドバイクの導入を検討しているのであれば、高い確率で所有していると思いますが。

あおぶさ
あおぶさ
現に、バイクを2台持ちしている人のセカンドバイクは125ccクラスであることが多い。

理由を聞いてみたところ、「ファミリーバイク特約があるから」というのが一番多かったような・・・(笑)

道の駅の駐車場に停まっているホンダのバイクのクロスカブとスズキのメガスポーツバイクの隼

Sponsored Link


セカンドバイクを買って、乗る時間はありますか?

以上、セカンドバイクとして125ccクラスをおすすめする理由を書いてみました。

まとめると

・小さくて軽い

・「30キロ規制」「二段階右折の実施」「二人乗り禁止」がない

・十分速い

・保険料や税金が安い

といった感じになりますが、中でも「保険料や税金が安い」のは魅力です。

なんだかんだで、125ccクラスはファミリーバイク特約が使えますからね。

カワサキのオフロードバイクのKLX125

バイクで公道を走る以上、保険料や税金は切り離すことができない存在です。

バイクを2台持ちするということは、あなたは

「ファーストバイクの維持費」+「セカンドバイクの維持費」

を負担することになります。

カワサキのスポーツバイクのNinjaH2 SX SE

金銭的に余裕があるならいいのかもしれませんが、それでも固定費が増えるのは気持ちいいものではありません。

そう考えると、セカンドバイクの維持費は安いに越したことはないです。

セカンドバイクを買ったはいいけど、維持することができずに手放してしまったのでは元も子もないですからね。

もちろん、無保険・ノーメンテナンスはもっての外ですが。

スズキのスポーツバイクのGSX-S125

また、バイクを2台以上所有すると(当然ですが)整備する時間も増えます。

そうなると、「バイクの維持費を稼ぐ」のと「バイクを整備する」のに時間が奪われ、バイクで走れなくなってしまいます。

セカンドバイクを買ったはいいけど、乗る時間がない・・なんてことになったら、これまた本末転倒ですよね。

お金と時間(それと体力)に余裕があるならいいのですが、それでもお金と時間は節約するべきですし、車庫で置き物と化したバイクに気の毒です。

あおぶさ
あおぶさ
維持費だけではなく、整備する時間も必要なのがバイク。

そう考えると、簡単に増台できるものじゃないし、何より放置されているバイクがかわいそう・・・

バイクのタンクの蓋

Sponsored Link


「中型・大型バイク」+「125ccクラス」が一番無難

何やら話が脱線してしまいましたが、バイクに掛けるお金はなるべく最小限にした方がいいです。

なんだかんだで生活するのにお金は必要ですし、生活が破綻したらバイクに乗れなくなっちゃいますからね。

(そういう理由から、カスタムも必要最低限にするべきだと私は思っています(笑))

バイク用品 カスタムパーツ カタログ

そういう視点から見ても、125ccクラスはセカンドバイクとして最適です。

ファミリーバイク特約が使えるし、中型・大型バイクでは難しいことも125ccクラスならカバーしてくれます(用途をかぶらせないことは、ものすごく大事)からね。

あおぶさ
あおぶさ
近所のスーパーはコンビニに行くのに、大型はちょっと・・・(苦笑)

中・大型バイクでは行く気がしない場所でも、125ccクラスならふらっと行くことができます。

気軽に乗れて、ふらっと走れるというのは、想像以上に快適です。

特に中型・大型バイクに乗った後なら、なおさらそのありがたみがよく分かるはずです。

ホンダのツーリングバイクのゴールドウイングツアー

もし、あなたが

なぜセカンドバイクがほしいのか

どうしてもセカンドバイクを買わないとダメなのか

と自問自答したうえでセカンドバイクを買うのであれば、125ccクラスの面白さを味わってみてくださいね。

あおぶさ
あおぶさ
  「ムリに買わなくてもいいよね」って結論に達したからといって125ccクラスに乗れないわけじゃない。

今の時代、バイクをレンタルすることもできるからね(もちろん、中型・大型をレンタルするのもあり)

それでは、あなたが排気量にこだわらずバイクを楽しめることを祈って。

スズキのスポーツバイクのGSX-R125

関連記事

「バイクに乗るお金がない」は本当か?なるべくお金を掛けずにバイクに乗る方法を考えてみました

バイクに乗るなら料理は必須?自炊ができるライダーがおトクな理由

Sponsored Link